フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

封印されていた記憶

 ドラマは見ない主義というよりは、毎週同じ時間にテレビに向かうことができないので、ここ数年、ドラマは観ていなかったけれど、いろいろと思うところあって、少しは観ることにした。
 今シーズン始まったドラマで観ているのは、『優しい時間』。「めざましテレビ」で番組紹介を見て、「そういえば、大昔、好きだったな、寺尾聡……」ということを思い出したので、観ることにした。寺尾聡の父である宇野重吉も、前妻の藩文雀もすでに亡く、いつしか私は、私が毎週「西部警察」を見ていたころの彼の年齢も越えていた。
 そんなことより、第1回目を観て、突然に思い出したのは、「10数年前、倉本聡を生で見た!」という事実であった。宝飾メーカーのフェアか何かで、ゲストとして招かれ、オープンな席でだれかと対談していたのを取材に行ったのだけれど。対談の相手はだれだったのか、どんなことを話したのか、まったくおぼえていない。そんなことがあったことすら、2週間前まで忘れていた。なぜ、記憶が封印されていたのか?
 ところで、息子役の二宮和也(「かずなり」、って読むのか。父親役も「さとし」でも「そう」でもなく、「あきら」だしな~)は、嵐の人。嵐って、「大野君は結構好きだけど、全員はおぼえられないなあ~」って思っていた。これで全員おぼえた!と思ったら、まだひとり残っていた(だれが残っているのかは内緒)。

壊れていく……

 今、家の中に物が次々と壊れていっている。冷蔵庫、洗濯機、ガス台、換気扇……。近い将来、引っ越すかもしれないことを考えると、新しいものに買い換えるのもなあ~と思い、二の足を踏んでいる。
 でも、ガス台は買い換えなければ。火がつかなくなったり、途中で消えたりするのは、不便だし、危険だ。
 それにしても、壊れるときはいろいろなものが同時に壊れるのは、なぜだろう?

新年にあたり

hanapinkneko

去年は、「原書2万ページ読破!」という壮大な目標を立てたものの、達成にはほど遠かった。今年はもっと現実的な目標を立てようと思う。
 Y翻訳クラブの原書読破マラソンをきっかけに、イタリア語の原書を改めて読むようになったので、とりあえず(これまでに読んだものはリセットして)年内に5000ページ読破をめざすことにする。本当は1万にしたいところだが、英語の原書(おもにニュージーランドの作家のもの)も読みたいし、日本語のも(創作、翻訳、ジャンル問わず)読みたいし……となると、このあたりが妥当だろう。
 ほかにも「落とし前」をつけなければいけないことがいろいろあるが、まあ、地道に少しずつ、やっていこう。
 写真は近所の猫。昔は飼い猫だったらしい(今も、野良猫だと判明しているわけではないが)。私は「はなピンクねこ」と呼んでいる。鼻がピンクだから。適当な名前だが、うちの猫じゃないから。

勉強したい

 昨日、次女Rと2人で「大改造!!劇的ビフォーアフター」を見た(日曜の夜はたいてい見ている)。今週は京都の古い町屋の2軒同時リフォームに、アメリカ人の匠、ジェフリーが挑む!というものだった。
 リフォームそのものもとても興味深かったが、一番印象に残ったのは、リフォームされた町屋のひとつに住む30歳の大工さんのこと。「数寄屋造りを学びたいから」と、茶道を始めたのだそうだ。その大工さんとよき仕事仲間であり友人でもあるジェフリーは、お茶をたしなむためのコーナーを作ってあげていた。
 京都で大工をやるということはどういうことなのか、そして、学ぶべきことは永遠にあるのだということがよくわかった。

 

あけましておめでとうございます

tamagocchinewyear あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。
 個人的には、今年こそは、人に言えるような結果を出したいものです。去年はいろいろと手を出しすぎて自滅してしまったので、今年は的を絞るつもりです。
 さて、例年、年末年始らしいことはほとんどしていないのですが(今年は特に……)、とりあえず、年越しそばとお雑煮は作りました。お雑煮、去年まではかつおだしのすまし汁ベースのものを作っていたのですが、なんかしっくりこない気がして、今年は白味噌仕立てにしました(私の実家はもともと京都の家系なので、本来は白味噌仕立てのものを食べるはずではないかと思ったりします)。だいこん、にんじんを炒めたあと、だし汁を加え、最後に味噌……仕上げに焼いたお餅とゆでたほうれん草、最後にだいこんおろしをトッピング……って、ほとんどけんちん汁ですが(お餅の数は、旦那は2つ、長女Nは1つ、次女Yはゼロ、私は……4つ)。でも、旦那とNには大好評でした。来年はどうしようかな。
 さて、期待していたとおり、たまごっちにはお正月バージョンもありました。「ひのたまっち」の両脇に門松が立っています。このときはNのもYのも「ひのたまっち」でしたが、このあとにそれぞれが進化して、Nのが「はなっち」に、Yのが「くちぱっち」に進化しました。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »