フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 六番目の小夜子 | トップページ | 大人のファンタジー読本 »

のだめカンタービレ

 今シーズンのドラマは「相棒」と「のだめカンタービレ」を見ています。「相棒」は小2の次女Yと2人で、「のだめ~」は家族みんなで見ています。
 一応、原作は単行本16巻まで持っています。何度も勧められながらも、絵柄が苦手なので敬遠していましたが、読み出したらやはり面白い……。ドラマは月9ということで、「どうせ、ラブコメになるのよね」とあまり期待していなかったけれど、そうでもなかったのと、それから、やっぱり、クラシックを聴いていると心が潤うので、日々の生活の楽しみと化してしまいました。今週は、「のだめ~」のあとの「SMAPXSMAP」のゲストが、のだめ役の上野樹里さんと千秋役の玉木宏さんだったので、続けて見てしまいました。上野樹里さんは素顔ものだめそのもので、玉木宏さんも千秋のイメージそのままで、大笑いでした。来週最終回なのが残念です。
 この週末、近所のホールで行われるミニコンサートの演目にモーツァルトのオーボエ協奏曲を見つけ、そこに黒木君がいないことはわかっているし、そもそもモーツァルトはあまり好きではないのに、行きたくなってしまいました。
 原作のほうは、読みながらターニャのピアノに対する気持ちに、自分の仕事に対する姿勢が重なったりして、いろいろと考えさせられます。

補足
 「のだめは来週最終回」というのは私の思い込みでした。ちここさん、指摘してくださってありがとうございます。

« 六番目の小夜子 | トップページ | 大人のファンタジー読本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドラマ「のだめ」、まだ最終回じゃないと思いますよ。11話ぐらいありますよね。25日ぐらいまであるのではないかしら。うちも、息子(Yちゃんと同じ学年)がいっしょに見るようになりました。千秋くん、かわいそうなんだよねーと、つぶやいてました。

あ、なぜか、来週が11回目だと信じていました。あと1回でどうやって終わらせるのかと思っていたので、一安心。ドラマのサイトを見たら、11日と13日、コンクールの場面の観客役エキストラを募集していました……行けないけど(仕事があるし、遠いし)。
問題は、DVDレコーダーがまた壊れた!ということです。5月下旬に購入して、7月初めにおかしくなり始め、9月にHDを交換したというのに!! メーカーに直訴して取り替えてもらうつもりです。

うちも今のだめブームです(笑)。近々日記にも書くつもり。DVD間に合わなかったらうちでとるよん。(今、ベートーベン7番聴いてまっす。)

BUNさん、ありがとうございます。
毎回録画しながら見ていて、次女が「あの場面、もう一度見たい!」というのをまた見たりしているのですが、先週、最初は動いていたDVDレコーダーが、途中で止まっているのに気づいたときはショックでした。ビデオだったら、止まるところまでは録画できていたのに、何もなかったかのような状態なんて……。当初は、「あれ、何かミスしたかな?」と自分のせいだと思っていたけれど、同じことがまた起こり、自分のせいではなかったことを知りました。
モーツァルトのオーボエ協奏曲をやるミニコンサートには結局行かなかったけれど、テレビやCDではない生の音が恋しいので、何か聴きに行きたいです。一番近いのは、次女のピアノ教室のクリスマスコンサートですが(笑)。

 わたしもこのところ見ております。最初は録画したのを見る時間がなくて、それを見た次女が気に入って毎週録画し、わたしは後追いでここ数回。それでも十分楽しめるわー。
 ちょうど長女の迎えにひっかかるので、帰り道、カーナビで音声だけ聞いてるのですが、ストーリーには興味ないらしいけど音楽は好きな長女には、それがちょうどいい様子。
 それにしても……黒田なんちゃら(は実は好きではない)が千秋の母親役なのはかなりショック。たぶん同い年だったような……。あーでも、現役大学生ってことよね(だいぶサバ読んどるな)、それなら年齢的にはおかしくないのか。え〜〜ん!

ぎねびあさん、こんにちは。
ほとんどのキャスト、違和感ないのだけれど、千秋のお母さんはちょっとね……。
DVDが駄目になったので(おかしくなり始めてから~駄目になるまでの期間が、HD交換前よりも早いぞ!)、PCで録画しつつ、リアルタイムで見ています。終了後、次女を寝かしてからひと仕事……のつもりが、一緒に寝てしまって、朝まで起きられない。前よりも睡眠時間をとっているはずなのに、疲れが取れないのは……年齢のせいでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ:

« 六番目の小夜子 | トップページ | 大人のファンタジー読本 »