フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年3月

新年度に向けて

 3月も、今日を入れてあと3日で終わります。「3月末までにイタリア語の児童書を3,000ページ読む」という目標は、あと1,193ページ残したところで中断しています。期限切れになってしまうけれど、「3,000ページ読む」という目標だけは達成したいと思います。
 中学校で役員を引き受け(しかも、なりゆきで委員長になってしまった)、また、Nが受験生だったこともあり、いろいろなことに手を出したくなっても、「今はその時期ではない!」とブレーキがかかりました。その結果、すべてが順調に進んだかというと、別にそんなこともなく、家族の満足度も、仕事での達成感も低く、何もかも中途半端になったくせに、「私ばかりが……」という妙な被害者意識にとらわれていました。でも、先日のオフでいろいろな方のお話を聞いて、その気持ちは引きこもりゆえの自分勝手さによるものだと感じ、目が覚めました。
 4月からは、何よりもまず、「生活を楽しむ」に重点をおきたいと思います。そして、その上で、仕事のときは仕事に集中して、きちんとした結果を出したい。そのためには、現在、中途半端な状態になっていることにもきちんとピリオドを打たなければなりません。
 今年の1月2日から、なぜか休まずブログを更新してきましたが、しばらくお休みします。身辺整理して、すっきりできたら、戻ってきます。

向いている職業

 先日の夜、帰省された方を囲むオフ会に参加しました。最近の私は引きこもりがちで、自分の抱えている問題が世界一深刻……というわけではないけれど、まあ、自分の世界中心の生活をしていたのですが、こうやって人と会っていろいろと話をすると、みんなそれぞれ事件があったり、悩みがあったりということがわかり、目が覚めました。

 さて、Nがとある教育関係の会員専用サイトで心理テストを行った結果、向いている職業は保育士、学校や幼稚園の先生となったのですが、納得いかない様子。でも、私の両親の結果が事実と一致していたので、「じゃあ、当たっているのかなぁ」と真剣に考え始めたようです。ちなみに私は学者・研究者タイプで、環境学や地球科学を勉強するといいみたいです……って、経済学士なんですけれど~。でも、過去に、『異常気象―地球温暖化と暴風雨のメカニズム』という本を翻訳する機会をいただいているので、当たっているのかな。

ドライイースト活躍中

 簡単なベーグルの作り方を教えていただいたので、作ってみました。強力粉、ドライイーストなどの材料を合わせてよくこねて、ラップに包んで一晩冷蔵庫に寝かしておき、翌朝、ベーグルの形を作り、ゆでてから、オーブンで焼くだけ。我が家のオーブンレンジはパワー不足なので、レシピに「200度で20分」とあるのを自己判断で30分にしてしまったら、少し焼きすぎで、表面が固くなってしまいました。最初はレシピどおりにして、焼き上がりを見て、さらに数分……とすべきでした。そんな「上はかちかち、中はもっちりベーグル」でも、Nにはおいしかったらしく、「今朝の、すっごくおいしかったよね~」と旦那に話していました。次回は全体がもっちりとなることをめざします。
 昨日の夕方は、ホームベーカリーを使って、パネットーネもどきを作りました。まだ食べていませんが、Nはすごく楽しみにしているみたいです。ホームベーカリーを活用するようになってから、強力粉とドライイーストの減りがものすごく早くなりました。天然酵母にも挑戦してみたいけれど、収拾がつかなくなりそうなので、当分見送ります。

今年最初の

今年最初の

 実家の庭で、今年最初のチューリップが咲きました。

 昨日は、仕事もしつつ、『君に届け』の6巻を読み、夜は「プロポーズ大作戦」を(途中から)見ました。そのせいか、(長澤まさみの母親をやっていた)宮崎美子さんが(『君に届け』の主人公)爽子のお母さんに見えてきて、Nも同意してくれました。父親役の森本レオさんはお父さんじゃないよね~ということでも、意見が一致(お父さん役、酒井敏也さんなんて、どうかでしょうか? けっしてドラマ化を望んでいるわけではないのですが、ついついキャスティングしてしまう、悲しい性……)。宮崎美子さんも森本レオさんも、いい声しているのですよね~。

『野生動物と共存できるか』

野生動物と共存できるか』(高槻成規著/岩波ジュニア新書)

 人間と野生動物が共存していくために、バランスを保つことが必要で、頭数を抑えることが必要だということ。ときには駆除することもあるそうです。頭ではわかっていても、保護と駆除とが結びつきません。
 中でも、軽井沢で環境教育を行っているピッキオという企業が、3年ほど追跡調査していたツキノワグマのスポットを安楽死させなければならなかったエピソードはショックでした。でも、ゴミなしでは生活できなくなった大きなクマが、人に危害を加える危険性があるとわかると、感情に流されず、安楽死を決断する――野生動物との共存を本気でめざすなら、それくらいの覚悟が必要だということでしょう。
 漁業に被害を与えるラッコを駆除したら、漁獲高が増えるどころか逆に減ってしまった……というエピソードも印象に残りました。

墓参り

墓参り

 お彼岸なので、Yと墓参りに行きました。ダルメシアンとボーダーコリーとラブラドール・レトリバーに同時に会って、ふたりとも少し興奮。ダルメシアンはやんちゃで落ち着きがなく、ボーダーコリーとラブはきわめて冷静。
 霊園の木蓮や桜が満開です。上着なしで平気な、暖かな1日でした。

犬が飼いたい(その3)

 Yと耳鼻科に行った帰り、散歩中の小型犬が目に入りました。柴犬かな? でも、柴犬にしては小さい気がするし、尻尾がくるんとならずにふさふさと垂れ下がっているし……。「ねえ、あれ、キツネじゃない?」私の声にYも「あの尻尾は犬じゃない」と同意。飼い主の確認は取れませんでしたが、勝手にキツネと断定しました。キツネをペットとして飼っている人、いるんですね。
 帰り道、「キツネ、かわいかったな~、飼いたくなっちゃった。ワニも飼いたいんだよね~」とつぶやいていましたが、聞き流しました。犬を飼う計画は、実家の父の同意が得られぬまま暗礁に乗り上げていますが、「キツネが飼いたい」「ワニが飼いたい」と頼んで断られたあとなら、OKされないでしょうか……?

なぜ?

 先日、Yと出かけたついでに『相棒―劇場版― 絶体絶命! 42.195km』の前売り券を買おうとしたら、その映画館では前売券を扱っていませんでした。上映館ではあるのに……。仕方ないので(?)、『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』の親子ペア券を買いました。『名探偵コナン』のテレビシリーズを見なくなって久しいのですが、なぜか、映画だけはYと2人で毎年見に行っています。

「雨の日のふんすい」

 Yが発表会で弾く「雨の日のふんすい(Fountain in the Rain)」を Youtube で検索してみたら、弾いている様子を映す動画がいくつかヒット。上手な人(プロ?)の演奏を聴いてみました。「右手の動きがふんすいで、左手が雨の動きを表しているみたいな気がする」とYに言ったら、「うちもそう思ってた」とのこと(Yは演奏の動画は見ていません)。
 自分がピアノを習っていたころは、先生のところへ行って初めて弾くような、とても失礼な生徒でした。だから、ろくに上達もせず……。今だったら、曲ともっと向き合って弾けると思うのですが、ピアノの練習を最優先できるような状況ではなく、そうする気力もありません。

泣けません

 昨日はNの卒業式でした。受付で式次第と一緒に卒業生から家族へのメッセージを渡され、一緒にいた方は「うわ~、こんなの読んだら、うるうるきちゃう~」と言っていました。実際、ほかの子は親への感謝の気持ちを綴っていたのですが、Nは私の両親を含めた家族全員へのメッセージ。私へは「無線LANのPCを買って」とひとこと。こんなのを読んでも泣けません(笑)。
 朝から曇天で気温も低く、最後に、教室に戻った卒業生たちがクラスごとに列になって出てくるのを待つころには、空腹の絶頂。お腹がすいているとよけいに寒さがこたえます。周囲からも「寒い~」「お腹すいた~」というつぶやきが聞こえました。Nが小学校1~2年生のときの担任だったH先生がいらしてくださって、子どもたちと感動の再会となりました。
 3学期は保護者会もなく、謝恩会も行われなかったため、先生たちに改めてお礼をいう機会がありませんでした。Nが1年生のときの担任で、不登校のときにはいろいろ気をつかってくださったI先生と最後にお話できたのがせめてもの救いです。

別れの季節

 Yのクラスのいつもにぎやかな男の子が転校することになりました。今の小学校に転校してきた子が、またよその学校へ転校していくことに、少し驚いた様子です。「うるさいなぁと思っていたけれど、いなくなっちゃうと思うと、さみしいもんだね~」とのこと。
 今日はNの卒業式。同じ小学校出身者が3分の1くらいいて、この顔ぶれがそろうのを見るのも今日が最後かと思うと、感慨深いです。

新しいピアノで

 Yが発表会で弾く曲が決まりました。ギロックの「雨の日のふんすい」という短い曲です。先生が提示した候補の中から、Yが選びました。さっそく、新しいピアノに向かって練習しています。
 先生にどんな曲が好き?と聞かれて、ドビュッシーの「夢」と答え、テクニック的には大丈夫だけれど、まだ手が小さいので難しいと言われたようです。去年のクリスマスコンサートで、中2と小5の姉妹がドビュッシーの「小舟にて」を連弾し、姉妹のお姉さんのほうは小5のとき、同じく「アラベスク1番」を弾いているので、あと2年半もすれば弾けるような手になるのでしょうか?
 新しいピアノには50曲のデモ演奏が入っていて、しかも楽譜付き。私はBGM代わりに楽しんでいます(前のピアノに入っていたリストの「コンソレーション第3番」が入っていないのは、少し残念)。こんな曲が弾けたらいいなあと思う曲もあるけれど、何時間もピアノに向き合って練習する気力はありません(笑)。

入学説明会

 昨日は朝からNと一緒に、Nが入学する高校へ行きました。Nがクラス分け試験を受けている間、私は入学説明会に参加。教科書を購入し、入学までにやらなければならない諸々の手続きを確認しました。提出する書類に必要事項を記入し、住民票を取ってきて、銀行で口座引き落としの手続きをして……。忘れないうちに、さっさと済ませようと思います。
 同じ中学からこの高校へ進む子はいないと思っていたら、比較的仲のいい子が行くことが発覚。「一緒に学校、行こう」と約束していました。
 

25年ぶりのディズニーランド(続き)

 乗りました、ビッグサンダーマウンテン。クライマックスのこないまま終わる映画のような、サビがこないまま終わる歌のような……そんな感じでした。
 家族がジャングルクルーズの列に乗っている間にスプラッシュマウンテンのファストパスを取り、ジャングルクルーズとスタージェットとグランドサーキット・レースウェイを体験したあと、スプラッシュマウンテンへ。狭くて密閉された空間で待つので、パニック障害の発作が起きそうでした(乗ったら、外に出られる!と思いきや、かなりの部分が屋内で、辛かった……)。そのあと、ビッグサンダーマウンテンの列にひたすら並んで乗り、プーさんのハニーハントで酔い、ホーンテッドマンションに並んでいる間にパレードが始まったため、一家離散(笑)。携帯で連絡を取り合おうとしても、周囲の音が大きくて着信音が聞こえません(涙)。家族4人が無事再会し、ホーンテッドマンションを体験し終えたあとは、疲労困憊。「もう、帰ろうか」ということになりました。
 約25年ぶりに来たディズニーランドは、やはり「異世界」でした。従業員の方たちは愛想よく、来ている人たちも(一部の例外を除いて)上機嫌で感じのいい人が多かったような気がします。
 たぶんこれが、私にとって、人生最後のディズニーランドになるでしょう。もう、いいや~。

25年ぶりのディズニーランド

ディズニーランド

 ディズニーランドに来ています。今、ビッグサンダーマウンテンの列に並んでいるところ。でも、乗らないかも……。どうしようかなぁ。

雑用に追われる

「雑用に追われて仕事ができない」のではなく、「処理能力がないから雑用に追われる」のだと気づきました……。「雑用に終われないようにする」ことも、当面の努力目標です。

 さて、デフラグをやったのに、HUBを交換したのに、Nが「PCが重い」と言い続けます。確かに、ほかのPCがインターネットにつながっていると、私のPCもインターネットに接続するのが遅くなるような気がします。そんなこと、以前はなかったような……。昨日はPC3台にアンチウィルスソフトを入れなおしました。NのPCはウィルスのスキャンにも異常なほど時間がかかりました(この異常さ、何か問題があるのでは?)。それでも、「重い」と言い続けています。

のだめカンタービレ』の20巻を読了。この漫画を読むたびに、自分の仕事に向き合う姿勢には真剣味が足りないなと感じます。今月は『君に届け』の6巻も出るので楽しみ。

 明日は朝から東京ディスニーランドへ行きます。花粉は飛んでいるし、副鼻腔炎も相変わらずだし、のどの奥に口内炎はできているけれど……。家族4人でどこかへ出かけるのは、これが最後になるかもしれないので、楽しく過ごしたいと思います。

慢性副鼻腔炎

 慢性副鼻腔炎で、ずっと通院しています。よくなったかと思うと、風邪を引いたり、花粉症の症状が出たりするたびに悪化するので、なかなかよくなりません。「ずっと医者に通っているみたいだけれど、全然よくならないじゃないか。医者はどこを診ているのか?」「そんなに悪いなら、手術でも受ければいい」と、旦那に言われましたが、治るまでに長期間を要すことが多いというし、手術に関しては「痛い」「再発する」と聞いています。まあ、完治はしないような気はしますが、症状が落ち着いた状態で暮らせるようになりたいなとは思っています。

 新しいHUBを買いに行ったついでに、TDLのガイドブックを探し、そのついでに『 ダーリンは外国人with BABY 』を購入。大学では比較文化を学んでみたいと思っているらしいNの参考書(?)として。トニーさんの言動は部分的にうちのだんなに似ています。他人だった2人がひとつ屋根に暮らすことだけで、じゅうぶん比較文化の勉強ができるような気がします。

PCが重い

 NのPCが重いというので、ディスククリーンアップとディスクデフラグをやってみました。使い始めて1年半、今までやったことがなかったような……。数10分かけてディスククリーンアップを終えたあと、デフラグをやってみましたが、HDの容量が大きいせいもあって、時間のかかること、かかること……。土曜日の夜から始めて、終わったのは月曜のお昼前でした。毎日使う人は、1週間に1回程度したほうがいいみたいです。
 で、PCが軽くなったかというと、相変わらず重いという……。「重い」というのはPCの動作が遅いというのではなく、インターネットに接続するのが遅い、次のページに移動するのが遅い、というようなことのようです。そういえば最近、私のPCもインターネットの接続が遅い……。HUBの寿命かもしれません。

妄想と誤算

 ホームベーカリーを買ったのは去年の12月。その後、箱から出したまま、キッチンの片隅で眠らせていたのですが、一念発起してようやく使い始めました。
 すでに使っている方から家で作るパンのおいしさを聞かされ、「タイマーをセットして、朝焼きあがるようにすれば、パンの匂いで目が覚めるかも~」などと妄想を膨らませていました。で、実行。家で作るパンは確かにおいしい。それに、自分で作るものなら中に何が入っているかよくわかっているので安心です。しかし……意外とうるさいのですね。特に練るとき。寝ている間に焼きあがるようにするには、我が家は狭すぎるのだと悟りました。あと、焼きたてのパンは思った以上に切りにくいので、「朝、パンの匂いで目を覚ます」という妄想は捨てました。

 万歩計に表示される歩行距離は、あと400メートルで藤沢というところまでたどり着きました。藤沢を過ぎれば、次の宿場は平塚。京都はあまりにも遠い……。

季節の変わり目

 春先はどうも調子が出ません。もともと季節の変わり目に体調を崩しやすい傾向があったうえに、10年ちょっと前から花粉症に悩まされるようになりました。ここ数日はめまいがしたり、ときどき耳鳴りがしたり、頭痛がしたり……ちょっと疲れが出たのかなという気がします。
 そういうわけで、土日は非常に非生産的に過ごしました。でも、いつまでもだらだらしているわけにもいかないので、気合を入れて仕事に励みます。

イースターのカード

 ローマでお世話になったおばさんから、イースターのカードが届きました。イースターは「春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日」なので、今年は3月23日。そういえば、イタリアのカレンダーにはその日の聖人の名前や、月の満ち欠けが書いてありました。
 イタリアにいたとき、イースターの夜にテレビで放映していた「ジーザス・クライスト・スーパースター」を見ました。以前に日本で見たことがあったし、劇団四季のミュージカル(エルサレム版)も見ていたけれど、カトリックの国でイースター当日に見て初めてわかったようなことが多かったように記憶しています。

血豆その後

 舌にできた血豆は、その後つぶれて口内炎になりました。今、食事をするにも会話をするにも、少し困難な状態です。とはいえ、食事を抜いたり、しゃべらなかったりというようなことはありません。家族と一緒の生活ですから。

 昨日は届いたばかりの有機野菜の宅配を早速活用。水菜はさっとゆでて、さっとゆでた豚肉と一緒にキッコーマンゆずかとごま油を合わせたたれで和えて、白ゴマをちらしました。山芋は皮をむいて輪切りにして、弱火でゆっくり(焦げ目がつくまで)焼きました。これに醤油をたらしただけですが、ほくほく・かりかりでおいしかった! 山芋はこれまで自分で買うことがなく、届くたびに使い方に悩んでいました。そうか、こんなに簡単でおいしくできるのか~。ネットで人様のレシピを拝見すると、この上に貝割れとかかつおぶしとか万能ネギとかをちらしてもいいみたいですね。

頭の中のリスト

 中学校の広報紙の校正が終わり、あとは印刷が上がるのを待つだけ。納品・配布が終われば、今年度の委員の仕事は終わりです……と言いたいところですが、私は委員長なので、印刷会社からの請求書をPTA本部に渡して支払い手続きをしたり、来年度の方への引継ぎをしたり……と、まだ仕事が残っています。それでも、ひとつ終わるたびに、頭の中のリストに×をつけているような気持ちがします。
 今日、新しいピアノが届き、古いピアノを引き取ってもらいます。これでまた、頭の中のリストのひとつに×がつきます。来週土曜日には家族で東京ディズニーランドへ行きます。旦那は初めて(ただし、フロリダのディズニーワールドに行ったことがある)、私は20数年ぶり2度目(つまり、できた当初に行ったきり)、Nは10年ぶり2度目、Yは初めて。これが終われば、頭の中のリストにもうひとつ×がつきます。
 やらなければならないことが多くて、なかなか仕事がはかどらないのが悩みですが、これが終わるころには『相棒―劇場版―』が封切られているので、無事すべて納品して、Yとふたりで映画館へ足を運ぶ姿を思い浮かべながら、がんばろうと思います。

『3月のライオン』

 修理に出していたNの携帯を取りに行くついでに、こちらのお店で紅茶を買い(いつもながら試飲もさせていただき)、さらに書店に寄ったら、新刊コーナーに平積みされていた『3月のライオン 』(羽海野チカ作/白泉社ジェッツコミックス)と目が合いました。地元の書店では見当たらず、版元サイトに「在庫なし 重版:08.03.12」とあるので、重版されるのを待つつもりだったのですが、思わず手に入れることができました。
 主人公の桐山零は、17歳のプロ棋士。なぜこの題材を選んだかについて、作者はあとがきで「ただ気になってしまったんですよ。どうしても」と書かれています。『ハチミツとクローバー』でも、人並みはずれた才能を持つことや、そういったものとどうやって向き合っていくかというようなことが描かれていたので、通じるところがあると感じました。
 ちなみに、「おまけ あかりねいちゃんと私」で、あかりさんのワンピースと同じ柄のパンツをはいているとーちゃんが出てくる漫画は我が家にあります。何巻の何ページに出てきたのかは調べていませんが。
 第1話、幸田と対局する部屋にかかっていた掛け軸が「平常心是道」だったのには、さだめを感じました。雑誌連載時でも、単行本発売直後でもなく、今読むことになったのは、理由があったのかもしれません。

自らを知る

 3月になったので、神社へ行きました。今月の今月の生命(いのち)の言葉です。

     「晴れてよし曇りてもよし富士の山
         もとの姿は変わらざりけり」

 山岡鉄舟が、剣の悟りを得たときに詠んだものだそうです。「人はとかく自分の幸不幸を周囲の環境のせいにしがちなのだが、本来あるべき自分をそのままに生きて行けばよいのだ。平常心是道である」とのこと。東京都神社丁のサイトはこちら
 おみくじは吉でした。「自らを 知りて新しく行く道の 展(ひら)けていかむ 春をしぞ待て」という言葉が心にしみます。

続・犬が飼いたい

 旦那の職場の人の話では、犬は群れで暮らす動物の子孫なので、家の中で家族を自分の群れだと思わせて飼うのが自然に近いとのことでした。でも、一昨日行ったペットショップの店長さんによれば、家の中で飼うのに向いている犬もいれば、外で飼うのに向いている犬もいるそうです。要するに、先祖から受け継がれた血のほかに、人間と暮らすようになってから得た習性があるこということでしょうか。Yが飼いたがっている柴犬は、日本犬の雑種の中の小柄な犬をかけ合わせて作られた家庭用番犬。外で飼うのに向いている犬です。神経質で、知らない人がくるとほえるけれど、それこそ番犬に求められた資質なのです。
 実家に父に認めてもらえるように、Yは柴犬の性質などについて、ネットで調べてまとめています。我が家に柴犬はやってくるのでしょうか?(つづく)

電子ピアノと犬

 高校の制服注文が終わり、N関係のことがようやく一段落しました。次はYの番。夏の発表会で弾く曲をそろそろ決めるので、電子ピアノを何とかしなければなりません。
 Yとふたりで、いろいろなメーカーのいろいろな機種を展示してあるお店に出かけました。同じような価格帯のものを弾き比べてみて、Yがこれがいい!といったものに決めました。ピアノのメーカーが作る電子ピアノのほうが本物のピアノに近い音が出るので、クラシックを弾くならそういったメーカーのものが向いているけれど、ポップスを弾くならシンセサイザーのメーカーのピアノのほうが向いている……などというお話を店員さんから聞きました。Yが選んだのは、ピアノのメーカーが作った、木目調の電子ピアノ。
 帰りに近所でも評判のいいペットショップに寄りました。店長さんといろいろとお話しして、トイ・プードルが初心者向けで、小さい子どものいる家庭向けということがとてもよくわかりました。「犬を飼う前に、犬とどういう関係になりたいのかをよく考えて、犬種を選んだほうがいい」と言われました。見た目だけで選んで、「ほえる声がうるさいので、何とかして欲しい」などとあとになって文句をいう方もいるそうで……。Yも真剣に話を聞いていました。
 電子ピアノの次は、犬……になるのでしょうか。

制服採寸

 制服の採寸に、Nとふたりで都心のデパートまで出かけました。学校で行われる一斉採寸の日では都合が悪かったため、わざわざデパートまで行ったのですが、丁寧に計ってくださって、長袖が七部袖になってしまうほど腕の長いNにぴったりのサイズを選んでいただいたので、行った甲斐がありました。デパートの商品券も使えましたし、このデパートの会員なら、ポイントももらえたはず。
 その後お昼にヴェトナム料理を満喫したあと、Nの洋服を買ったりして、久しぶりの都心でかなり消耗・散在しました。

 1日に歩いた距離が表示される今の万歩計を使うようになったのは1月半ばごろ。それ以来昨日までに歩いた距離を合計したら、152.63キロメートルになりました。東海道53次では戸塚を過ぎて、藤沢に向かっているところです。箱根駅伝なら、たすきをつないで半日もかからない距離ですが。1年でどこまで進めるのか、京都にはいつ着くのか、楽しみではあります。
 

血豆

 おせんべいを食べているとき、口の中に違和感があって、鏡で見たら、舌に血豆ができていました。長さ7ミリ、幅3ミリくらい。ときどきできるのですが、血豆がつぶれると大きな口内炎になって、それはそれは痛いので、つぶさないように気をつけなければ。なぜできるのかはよくわかりません。固いものを食べたせいかもしれないし、かみ合わせに原因があるのかもしれません。

 2月に歩いた距離は合計105.96キロメートル。東海道53次でいえば、日本橋から出発して、程ヶ谷(保土ヶ谷)と戸塚の間くらいの場所にいるようです。京都には着くのはいつでしょうか?

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »