フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『シンデレラ・ティース』 | トップページ | 『アフター・スクール』 »

『硫黄島からの手紙』

 嵐の二宮和也君が出ているので借りてきました。アメリカ映画なので、日系人俳優も多く出ています。以前のハリウッド映画は、日本人役に中国人俳優を配して、片言の日本語を話す〈日本人〉に苦笑させられることもありましたが、この映画ではそんなことはありませんでした。
 見るのがつらい場面も多く、モノクロームに近い暗い色調の画面にいくらか救われました。戦争のばかばかしさや無意味さ、戦争は人をおかしくするということがよくわかります。生きて帰った人たちは、生涯トラウマに悩まされたかもしれません。
 さて、実は私がこの映画を見たかったのは、西竹一という人をどう描いているのか興味があったからでした。ベルリン・オリンピック日本選手団の女性は、「軍人は横柄な人ばかりだけれど、西さんだけは紳士だった」と語っていて、この映画でも非常に好意的に描かれています。その一方、騎兵にいて、西竹一氏を個人的に知っていた祖父や、祖父からいろいろと話を聞かされた父からは、「わがままで身勝手な人だった」「あの時代にスポーツカーを乗り回すような派手な人で、顰蹙を買っていた」などと聞かされていました。両方の「西竹一像」にあまりにもずれがあるのですが、推測できるのは、「軍部には嫌われていたのだな」ということ。実際はどういう人だったのでしょうか。

« 『シンデレラ・ティース』 | トップページ | 『アフター・スクール』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

もしもし~?突然ですが、おぎゃんです。超お久しぶりです!年賀状の整理をしていてここのアドレスを発見。ずーっと前に一度アクセスしようとした時、うまくつながらなかった。何年も前だけど。お元気そうで何よりでございます。ワタクシ会社も夫も代わっていません。そのまんまです。娘たちは大学2年と中学3年になりました。来年はそれぞれ就活と高校受験です。私の一番最近みた映画はコーエン兄弟の「ノーカントリー」です。殺伐としてました。今度見逃していた「エリザベス ザ・ゴールデン・エイジ」を懐かしの池袋文芸座にみにいきます!ケイト・ブランシェット大好き。インディ・ジョーンズにも出てるみたいなので是非みたいです。それでは、また来るね~~~。

お久しぶりです!
いろいろありますが、何とかやっております。
私は仕事はいろいろと転々とし、いまだにフリーターのような状態ですが、今年中にはまた何らかの変化があるかと……。
最近、映画といえば、土・日に次女と、もしくは水曜日の午前中にひとりで、近場のシネマコンプレックスに行くだけで、都心の映画館にはご無沙汰です。今年に入ってから映画を6本見たけれど(この時点で去年の3倍!)、うち5本が邦画というのは、高校生のころには考えられませんでした。
それでは、また~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『シンデレラ・ティース』 | トップページ | 『アフター・スクール』 »