フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フランスみやげ | トップページ | 4月に読んだ本 »

『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』

 Yとふたりで『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を見に行ってきました。公式サイトはこちら
 パリにもプラハにも行ったことはないけれど、ヨーロッパの町並みを見るとノスタルジーを感じます。のだめが着ている服がかわいいなあ~とか、エリーゼ、スタイルいいなあ~とか、ヤドヴィの部屋の木目調のピアノがいいなあ~とか思いながら、これで終わりなんだなあ……としみじみしてしまいました。

 「私たちも音楽やってなかったら
  ずっと一緒にいられたのかな」

 「そっか……そもそも音楽がなかったら、
  出会ってなかったか」

 のだめと清良のこんな会話がありましたが(状況はちがうけれど、原作でも出てきた台詞です)、そもそも、千秋はのだめのピアノが好きで、峰は清良のヴァイオリンが好き。そして、黒木くんはターニャの弾くねっとりしたモーツァルトを聴いて、「すごくいい」と思ったのでした。
 原作のほうは番外編「アンコール オペラ編」に突入。単行本が出たのでさっそく買って読みました。

« フランスみやげ | トップページ | 4月に読んだ本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画、わたしも観てきました!
のだめの服、かわいいですよね。清潔かどうかは……ですが。
千秋はやっぱりのだめのピアノが好きっていうのがつねに根底にありますよね。映画でも。

Chicocoさん
映画はにおいはしませんから(笑)。
個人的には、最近『アスペルガー症候群』という本を読んだので、映画を見ながら「のだめもエジソンやビル・ゲイツと同類だな」とか考えていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』:

« フランスみやげ | トップページ | 4月に読んだ本 »