フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生命の言葉――12月 | トップページ | あけましておめでとうございます »

『チェブラーシカ/くまのがっこう 』

 チケットを手に入れたので、Yとふたりで『チェブラーシカ/くまのがっこう 』を見に行ってきました。目当ては『くまのがっこう ジャッキーとケイティ』。以前、「くまのがっこう」シリーズの絵本をいただいて、Yはすっかりファンになってしまいました。 『チェブラーシカ』はあくまでもおまけで、Yは「『チェブラーシカ』が始まったら寝るから」「先に帰ってもいい?」などと言っていたのですが……。
 席に座った瞬間、ここ数週間の疲れがどっと出て、予告編の最後でうとうと……気がついたら『くまのがっこう』が始まっていました。で、また途中の記憶がなく、気がついたらジャッキーとケイティが友だちになっていて、また記憶が途切れ、気がついたらケイティが病気になっていました。まあ、絵も雰囲気も絵本のままでよかったと思います。記憶がない部分はあとでYに解説してもらいました(笑)。
 続いて『チェブラーシカ』。ロシア映画だと思っていたら、日本で作られたリメイクと新作でした(3話構成で、第1話「ワニのゲーナ」はリメイク、「チェブラーシカとサーカス」と「シャパクリャクの相談所」は新作)。「『チェブラーシカ』が始まったら寝る」と言っていたYですが、始まってすぐ、ワニのゲーナに心を奪われ、抜け出すことなく最後までしっかり見ていました。わたしは、チェブラーシカとゲーナがマーシャと出会ったあたりの記憶がないなあ……(足りない部分はあとでパンフレットを読んで補足)。クマの子どもだと思っていたチェブラーシカが謎の生き物だったことを初めて知りました。町の風景とかゲーナの家の中とか、かわいくて素敵でした。ほとんど前知識なく見たけれど、よかったです。
公式サイトはこちら

 29日には『相棒-劇場版II』を見に行きます。寝てしまわないように、体調を整えて、睡眠をしっかり取っておかねば!

« 生命の言葉――12月 | トップページ | あけましておめでとうございます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『チェブラーシカ/くまのがっこう 』:

« 生命の言葉――12月 | トップページ | あけましておめでとうございます »