フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

こんなに大きくなりました

20110829070035


 ご無沙汰しています。コアシナガバチのジェニファーです。
 あたしが産んだ卵は順調に育っていって、今は30~40匹くらいの働きバチがいます。サナギもいるし、幼虫もいるから、まだまだ増えそう。あと30匹は増えるかな。
 子どもたちがどんどん手伝ってくれるので、巣がこんなに大きくなりました。屋上スペースができて、巣の上に乗って休んでいる子もいます(笑)。
 家主のおばさんは、期待していたほどあたしたちが害虫を取ってくれなかったからって、もう契約更新しないって言っています。忙しくて、それどころではなかったのに、わかってくれません(涙)。
 あと1か月はいられると思うので、今は今できることを精一杯やって、先のことはそれから考えます。

『あしたのパスタはアルデンテ』

 前売り券を買っていたので、『あしたのパスタはアルデンテ』を見に行きました。前売りを買ったときにはパスタ用タイマーをおまけにくれましたが、今日はバリラのスパゲッティをもらいました。

『人生、ここにあり!』

 映画『人生、ここにあり!』をシネスイッチ銀座まで見に行きました。ここ数年、シネコンばかり行っていたので、久しぶりのミニシアターです。ネットで席を予約するのに慣れていましたが、久しぶりに「会場数十分前から並んで待つ」というのをやりました。
 1980年代のミラノが舞台。精神病患者を扱った映画のため、館内の売店ではそういった関連のグッズが売られ、プログラムの内容もその方面の専門家からの解説などが主体。わたしとしては、患者さん役の役者さんたちのプロフィールなどが知りたかったのですが……。

7月に読んだ本

 今月も少なく、たった8冊しか読めませんでした。この先もこんな調子でしょうかねえ。
『ニッポンの嵐』、日本全国でがんばっている若者たちも魅力的だったけれど、読み終えて一番心に残ったのが宮崎駿さん。「コンビニやファミレスを11時閉店にすれば~」という提案、わたしも同感です。
『マラソン1年生』と『マラソン2年生』は、走ろうかな~、走りたいな~と思っているわたしにとって、いい刺激になりました。フルマラソンには出ないと思うけれど、日本各地で開催している小さなレースに出られたらいいな。その前にトレーニングに励まなければなりませんが。

7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1564ページ
ナイス数:49ナイス

マラソン2年生マラソン2年生
なにか大会にエントリーしたくなりました。日帰りで行けて、終了後に温泉とおいしいものが楽しめるような場所が希望(笑)。
読了日:07月30日 著者:たかぎなおこ
3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
表紙のこともあり、ひょっとしたら電車の中で読めないような展開になるかも?と、どきどきした。すべては途中。でも、光は見えると思う、いや、思いたい。
読了日:07月22日 著者:羽海野チカ
スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)
初期短編集、とはいえすでに世界が確立されている。のちの作品のキャラクターの原形がある。表題作「スピカ」の美園さん、『3月のライオン』のひなたみたいだな~と思ったら、作者もそう書いていて、納得。
読了日:07月20日 著者:羽海野チカ
マラソン1年生マラソン1年生
この秋、駅伝デビューを控えているので、参考になるかと手に取ってみました。金哲彦さんとのQ&Aなど、わかりやすくて、よかったです。でも、フルマラソンを走る日は……来ないだろうなあ。
読了日:07月18日 著者:たかぎ なおこ
HIGH SCORE 10 (りぼんマスコットコミックス)HIGH SCORE 10 (りぼんマスコットコミックス)
祝アニメ化! 今回、ときわづ色が濃かったような……。
読了日:07月16日 著者:津山 ちなみ
真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
オーナー暮林が途中から渡部陽一氏に思えてきた。漫画みたいな表紙は、個人的には残念。
読了日:07月09日 著者:大沼紀子
ニッポンの嵐 ポケット版ニッポンの嵐 ポケット版
日本各地で頑張っている若者たちも印象的だったけれど、やはり圧巻は宮崎駿さん。「CGは描き手の脳を侵食する」「小さい頃にやんなきゃいけないことを、二十歳になっていくらやっても無駄」……など、付せんを貼りながら読んだ。
読了日:07月07日 著者:
幻想郵便局幻想郵便局
新聞の書評欄で見て、気になった本。想像していたのとは違って、今ひとつ入り込めなかった。設定は面白いと思うのだけれど。
読了日:07月02日 著者:堀川 アサコ

読書メーター

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »