フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ようやく箱根を通過!

 バーチャル東海道53次、昨日ようやく箱根を通過しました。次の宿場、三島までは14.8キロ。1万歩でだいたい4キロ歩いたことになるので、4~5日かかると思います。
 このペースで歩くと、ゴールの三条大橋に到着するのは5月半ばになりそうです。

藤沢を通過

 昨日、藤沢を通過しました。現在、平塚に向かっています。
 頭の中に海岸線を思い浮かべながら歩いている……わけではありません。

冬本番

冬本番

 バーチャル東海道53次続行中。昨日、戸塚を通過しました。
 実家の庭の八朔、今年もたくさんが実をつけています。

程ヶ谷を通過

 昨日、程ヶ谷(現・横浜市保土ヶ谷区)を通過しました。
 1万歩歩くと、だいたい4キロ歩いたことになります。明後日には戸塚(現・横浜市戸塚区)を通過する予定です。

神奈川を通過

Chaichai_20120102

 連休中は家にこもっていたので、なかなか距離が進みませんでしたが、昨日、ようやく神奈川を通過しました。あと1キロで程ヶ谷(現:横浜市保土ヶ谷区)です。
 写真は正月に撮影したチャイ。もうすっかり大人になりました。

川崎を通過

 今年になってから歩いた距離の合計が、昨日でちょうど20kmになりました。ハーフマラソンにも満たないけれど(笑)。
 日本橋から川崎までが17.7kmなので、川崎を通過しました。あと7.5kmで神奈川(現・横浜市神奈川区)です。

東海道53次

 万歩計をつけて、なるべく1日1万歩は歩くようにしています。わたしが使っている万歩計は、歩いた歩数、そのうちしっかり歩いた歩数(10分以上続けて歩いたときの歩数)、消費カロリー、歩いた距離がわかるようになっています。毎日ただ記録しているだけではつまらないので、東海道53次を旅してみることにしました。単に、歩いた距離を合わせると、東海道53次のどのあたりにいるか見るだけですが。
 1月1日~3日に歩いた距離の合計は8.2km。日本橋から品川までが7.9kmなので、3日かかって品川を超えました。

だるま市

20120103173848_2

 例年どおり、川越喜多院のだるま市へ行ってきました。上京していた次兄と姪が一緒に行きたいと言い、うちの旦那と娘たちも同行することに。
 兄たちは今日の夜の飛行機で大阪に帰るので、9時半ごろに出て、早く行って早く帰るはずが、娘たちが起きてきたのが11時……。喜多院に着くと、参道は長蛇の列でしたが、思っていたよりは早く進み、お参りを済ませ、お守りを買ったあと、おみくじを引こうとしたら、こちらも長蛇の列。時間もないのでパスして、近くの成田山別院へ。
 成田山は喜多院ほど並んでいなかったのに、列の進み方はなぜか喜多院よりも遅い……。本堂にたどり着いて、謎が解けました。喜多院では上げられていた鐘を叩く紐が、こちらでは下がっていて、3つある鐘を順序よく並んで、鳴らしてから拝んでいるのです。そして、前の人が拝み終わるまで、後ろの人は鐘を鳴らしたりしないのでした。
 お参りのあと、開運招福お守入りのおみくじを引きました。運勢は小吉。「何事も控え目にして」とあるので、今年はやはり謙虚に過ごすべき年なのでしょう。お守りは小槌でした。
 

12月に読んだ本

 読んだ本は5冊。そのうち絵本が1冊、漫画が1冊。
 いろいろと考えさせられたのは、『14歳からの原発問題』。参考文献として挙げられていた本を読んでいこうと思っています。また、『センチメンタル・サーカス』の作者、市川晴子さんの漫画がちょっと気になっているので、そのうち読もうかな。

12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1003ページ
ナイス数:26ナイス

日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)日本のデザイン――美意識がつくる未来 (岩波新書)
無印良品は日本ならではのセンスなのだな。
読了日:12月15日 著者:原 研哉
名探偵コナン 74 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 74 (少年サンデーコミックス)
少しずつ、終結に向かっているような気がする。それはさておき、燃えている和葉がかわいかった。今さら告白せんでも、相思相愛やろー。
読了日:12月14日 著者:青山 剛昌
14歳からの原発問題 (14歳の世渡り術)14歳からの原発問題 (14歳の世渡り術)
印象に残った言葉。「(原発は)ビジネスとして破綻している」「(戦争に負けて)核武装できなかった国の方がいい」「新自由主義。補助金やめろ、自由化しろ」……わたしも何かをしなければ。
読了日:12月06日 著者:雨宮 処凛
クラーケンの島クラーケンの島
訳者あとがきに引用されているジョーン・エイキンの「フィクションで手当てされれば、現実の出来事に対して予防接種ができます」という言葉が印象的だった。まさに予防接種となる1冊だと思う。
読了日:12月04日 著者:エヴァ・イボットソン
センチメンタルサーカスセンチメンタルサーカス
サンエックスのキャラクター、シャッポと仲間たちの初絵本。マットな紙を使用した少し陰のある世界。
読了日:12月03日 著者:市川 晴子

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

謹賀新年

 旦那のと自分の携帯の機種変更しなければ、アルトサックスをメンテナンスに出さねば……等気にしつつ、年が明けてしまいました。「年内に」を「年度内に」に修正して、計画は続行中。旦那の携帯はmovaなので、この3月が本当にタイムリミットです(docomoさんから、しょっちゅう電話がかかってきて、書留でもお知らせをいただきましたが、わかっていますので、放っておいてください)。

 さて、新年になったので、近所の神社へ初詣に行きました。去年買った破魔弓を奉納したあと、お参りしました。いつもはお金を入れて、箱の中に手を突っ込んで取るタイプのおみくじしかないのですが、今年はがちゃがちゃ振って、出てきた棒に書いてある番号のおみくじをもらうタイプのものがありました(「鯛みくじ」や「恋みくじ」があった年もあったっけ)。200円と、いつのものおみくじの倍の値段でしたが、お正月だし!と、奮発。「末吉」でした。

まわりが好意的なとき。
ここで個性を発揮し活動的に。
芸事によく仕事も安定だが、
徐々に運気は下降するため
調子に乗りすぎるな。
 願望は「人に支えられ叶う」、商売は「地味にしてよし」、学問は「地道にするとき」だそうです。今年1年、地味に地道に謙虚に暮らすのがよさそうです。


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »