フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

生命の言葉――8月

 8月になりました。炎天下の屋外に行くのもつらいですが、風通しの悪い屋内で1日過ごすのもつらいです。引っ越しをするか、リフォーム行うか……。真剣に考えています。
 神社へ行ってきました。8月の生命(いのち)の言葉です。

とこしへに 民やすかれと
いのるなる わが世をまもれ 伊勢のおほかみ
 明治天皇のお言葉。明治24年、「社頭祈世」と題して歌われたもので、「永遠に人々が安らかに暮らせるようにと祈りを捧げよう。伊勢の大神よ、どうか世の中を守ってください」とのこと。東京神社丁のサイトはこちら
 おみくじは大吉でした! 「願望 苦難を乗越え信神堅固にすれば少しずつ叶う」「事業 辛抱し信神せよ隆盛する」「進学 勉学を怠るとしっぱいします 心堅固に努力せよ」「就職 望みあり 御祈念せよ」「旅行 旅立よし」……いい風が吹いてきたようです。

『お人形じゃない!』

 ブログ「イタリアの児童文学を読む」に『お人形じゃない!(仮)』のレビューをアップしました。


 

7月に読んだ本

『漫画貧乏』は圧巻でした。そして、『るきさん』はやっぱりいい! 古きよき時代の古きよき児童文学といった趣の『土曜日はお楽しみ』も印象に残りました。こういう話がもっと読みたい。

7月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2848ページ
ナイス数:31ナイス

チャンネルはそのまま! 5: HHTV北海道★(ホシ)テレビ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)チャンネルはそのまま! 5: HHTV北海道★(ホシ)テレビ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
テツ、いいキャラだなあ。それにしても、北海道人はワイルド(雪丸だけ?)。
読了日:07月30日 著者:佐々木 倫子
るきさんるきさん
1か月分の仕事を1週間で終わらせて、あとは図書館に行ったり、のんびり過ごするきさん。久しぶりに読み返したけれど、やっぱり素敵。すごいのはバブルの時期にこんな生活をしていたということ。ぶれないるきさん。いいなあ。
読了日:07月28日 著者:高野 文子
カトリーヌとパパカトリーヌとパパ
絵が魅力的。大人になり、ニューヨークに住む私(カトリーヌ)と、少女時代、1950年代のパリに住む私が交錯して出てくる。児童書ではないかも……。
読了日:07月26日 著者:パトリック モディアノ
あたしって、しあわせ!あたしって、しあわせ!
幸せな思い出があれば、思い通りにいかないことがあっても、何とか乗り切っていける。
読了日:07月24日 著者:ローセ・ラーゲルクランツ
灰色の地平線のかなたに灰色の地平線のかなたに
壮絶な物語。描かれなかった年月にはどんなことが起きたのだろうか。想像すると恐ろしくなる。
読了日:07月20日 著者:ルータ・セペティス
りっぱな兵士になりたかった男の話りっぱな兵士になりたかった男の話
生真面目に決まりにしたがうカスパールの姿はこっけいなほど。おじいさんとの交流と時間の経過で少しずつ変化が訪れ、最後はほろりとします。
読了日:07月15日 著者:グイード・スガルドリ
ふわふわくもパンふわふわくもパン
韓国の絵本。コラージュ絵本といっていいのだろうか。内容そのものより、制作過程が気になった。
読了日:07月14日 著者:ペク ヒナ,キム ヒャンス
かわべのトンイとスニ (創作絵本シリーズ)かわべのトンイとスニ (創作絵本シリーズ)
韓国の絵本。川の風景がとても写実的。
読了日:07月14日 著者:キム ジェホン
土曜日はお楽しみ (岩波少年文庫)土曜日はお楽しみ (岩波少年文庫)
古きよきアメリカの児童文学。書かれたのは第二次世界大戦中で、作品の中でも戦争中であることには触れられている。同時代の日本の子どもたちとの違いに愕然とする。4部作の第一作とのことなので、続きも読みたい。
読了日:07月14日 著者:エリザベス・エンライト
HIGH SCORE 11 (りぼんマスコットコミックス)HIGH SCORE 11 (りぼんマスコットコミックス)
麗二と景織子さんが結婚したいきさつが明らかに! 今巻、キャラがまんべんなく出ていたような気がします。
読了日:07月13日 著者:津山 ちなみ
漫画貧乏漫画貧乏
日本の作家は通常、小説を書くだけでは生活できない、と聞いていた。漫画家はそんなことないと思っていたけれど、間違いだった。骨身を削って、人間らしい生活を捨てて、作品を仕上げているのに、作者や作品へのリスペクトが与えられないなんて。漫画に限らず、出版に関わる人、必読の書。
読了日:07月12日 著者:佐藤 秀峰
お菓子の本の旅お菓子の本の旅
可愛らしいデザインに惹かれて手に取りました(装幀は名久井直子さん)。他愛ないお話かもしれないけれど、お菓子とパンで彩られたファンタジーだと思って読みました。お菓子のレシピ付き。
読了日:07月06日 著者:小手鞠 るい
世界一力もちの女の子のはなし (マジカル・チャイルド)世界一力もちの女の子のはなし (マジカル・チャイルド)
意外な人が実はいい人だった。
読了日:07月05日 著者:サリー ガードナー
ミシェルのゆううつな一日ミシェルのゆううつな一日
物語の世界を把握するまで時間がかかった。リディアによる陰湿ないじめというリアルな世界と、失敗統計局の守護天使というファンタジーの世界がうまく調和しているとは思えなかった。
読了日:07月04日 著者:マルティナ・ヴィルトナー
よるの美容院よるの美容院
子どもには、親でも教師でもない、でもきちんと導いてくれる大人の存在が必要なのだと改めて思う。季節ごとに替えるシャンプーと、季節限定の和菓子が気になった(でも、珈琲大福は微妙かな)。
読了日:07月01日 著者:市川 朔久子

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »