フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

生命の言葉――3月

 3月になったので、さっそく神社に行ってきました。今月の生命(いのち)の言葉です。

苦境にあっても天を恨まず

 東日本大震災直後の3月22日に、宮城県気仙沼市階上中学校・梶原裕太君が読んだ卒業生代表の言葉の一文です。このあと、「運命に耐え助け合って生きていくことが、これからの私達の使命です。」と続きます。東京神社丁のサイトはこちら
 おみくじは中吉でした。

2月に読んだ本

 もろもろの案件に追われた1か月。文字を追っても頭に入ってこないような状態で、これだけ読むのがやっとでした。

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:933ページ
ナイス数:12ナイス

モッキンバードモッキンバード感想
中学校で起きた銃乱射事件。ケイトリンはお兄ちゃんを亡くし、マイケルは教員だったお母さんを亡くした。事件の容疑者は乱暴なクラスメート、ジョッシュのいとこ。アスペルガーのケイトリンの視点で語られる。訳者のニキリンコ氏もアスペルガー。わたしにとっては、「わかる!」「あるある」というようなことが多かった。
読了日:2月26日 著者:キャスリン アースキン
丸林さんちの 手づくり家具帖 簡単にできるアンティークスタイル木工レシピ丸林さんちの 手づくり家具帖 簡単にできるアンティークスタイル木工レシピ感想
家の内装を自分たちでやってしまう人たちの本なので、DIYとはいえ、かなりレベルが高い。道具の紹介を見る限り、やはりかなり本格的に思えるのだが、洋服かけは作りたくなった。カラーボックスを使って~とか、すのこを利用して~といった類では物足りなくなっている人におすすめ。
読了日:2月24日 著者:丸林さんち
レトロにナチュラルに わたしのインテリア改造計画レトロにナチュラルに わたしのインテリア改造計画感想
郵便受けや簡単な家具づくり、家具のリメイクや障子・ふすま・壁紙の張り替え方なども紹介。意外と実用性の高い本だった。
読了日:2月24日 著者:川岸 歩
わたしは目で話しますわたしは目で話します感想
ALSの闘病記なのだが、強く印象に残ったのはそれ以外の部分、著者がいかにしてドイツ語を身につけたか、だった。基礎は独学、その先は夫の留学先のスイスで実践で。これで翻訳・通訳できるだけの力を手に入れるのだから。努力や素養、本人の能力だけの問題ではないと思う。
読了日:2月20日 著者:たかお まゆみ
わにわにとあかわに (幼児絵本シリーズ)わにわにとあかわに (幼児絵本シリーズ)感想
待望のハードカバー!
読了日:2月16日 著者:小風 さち
シチリアへ行きたい (とんぼの本)シチリアへ行きたい (とんぼの本)感想
シチリアをもっと知るために読んだ。『走れメロス』の舞台がシチリアだっとは。
読了日:2月2日 著者:小森谷 慶子,小森谷 賢二

読書メーター

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »