フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ある海辺の詩人——小さなヴェニスで—— | トップページ | 素晴らしき存在 »

大脱走

 新・午前十時の映画祭で上映中の『大脱走』を見てきました。
 テレビ放映されるたびに見てきたし、ビデオも持っていたし、DVDが出たらDVDも買いました。それでも、スクリーンで上映されると必ず見に行く、わたしにとって特別な映画です。
 ヘンドリーがロジャーに、コリンは自分が連れて行くから大丈夫!と宣言するシーン、何度見てもうるっとします。ちなみに、テレビで放映されたときは、ロジャーの突き出した脚にコリンがひっかかって転ぶ場面から先がカットされていました。
 バイクヲタにおすすめなのはヒルツの逃走シーン。マックイーンがドイツ兵のスタントをやっているのですが、それがどこか見つけるのがお楽しみ。ま、すぐわかるのですが。腐女子的ポイントはウィリーとダニーかな。
 10代のころに初めて見て、そのころはマックイーンも健在で、以来数えきれないほど見ていますが、そのたびにそのときならではの気持ちで見られます。頭の中でSMAPのメンバーにキャスティングしながら見たこともあります。映画って本当にいいですね。それにしても、男だらけの映画でした。

« ある海辺の詩人——小さなヴェニスで—— | トップページ | 素晴らしき存在 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大脱走:

« ある海辺の詩人——小さなヴェニスで—— | トップページ | 素晴らしき存在 »