フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大脱走 | トップページ | それは息子だった »

素晴らしき存在

Photo_5

 イタリア映画祭2013が今日からスタート。昨年はたった2本、一昨年に至っては1本も見られなかったので、今年はとにかく本数を見ようと、1日1本ずつ見ることに決め、発売開始と同時に前売り券を購入していました。
 初日の4月27日に選んだのは『素晴らしき存在』。『あしたのパスタはアルデンテ』のフェルザン・オズペテク監督の作品です。
 俳優をめざしてローマにやってきたピエトロは、高級住宅地にある古いけれど格安のアパートを見つけ、借りることにしました。修繕して引っ越したものの、誰かが——何かがいるような気がします。前の借り主が怯えた様子だったのも気になります……。
 ホラーかと思いきや、違いました(笑)。ローマのような古い町なら、こういうのはあるかなあ。実際、古いアパートに住んでいるという人から、何かが出るみたいと聞いたことがあります。コメディタッチですが、ラストはほろりとします。
 実は主人公が暮らすモンテヴェルデ地区に、ほんの数か月間ですが住んでいました。馴染みの場所が出てきたわけではないけれど、懐かしかったです。去年の夏、ローマに行ったときには寄れなかったので、改めて行ってみたいなあ。

原題:"Magnifica presenza"(2012年/イタリア)


« 大脱走 | トップページ | それは息子だった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしき存在:

« 大脱走 | トップページ | それは息子だった »