フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フォンターナ広場 イタリアの陰謀 | トップページ | 赤鉛筆、青鉛筆 »

司令官とコウノトリ

Photo_14

 イタリア映画祭2013、本日1本目は『司令官とコウノトリ』。
 若手アーチストであるヒロイン、ディアナが、4か月前に仕上げた作品の報酬払ってくれない会社に直訴するところから始まります。もうひとりの主人公レオは水道修理屋。5年前に妻を亡くし、娘と息子の3人暮し。娘のマッダレーナの身に起こった事件をきっかけに、レオは思わぬことに巻き込まれ、その中でディアナと知り合います。一方、レオの息子エリアには秘密があって、偶然出会って仲よくなったディアナの家主アマンツィオと秘密を共有。ばらばらの登場人物がこうやって結びついていきます。
 当初見る予定ではなかったのですが、先に見た方の「これまで見た中では一番面白かった」の声に押され、追加で前売り券を購入しました。テンポのいいコメディで、後味もよく、好みの映画でした。見てよかった。
 レオ役は『フォンターナ広場』でカラブレージ役だった人。髪の毛がなく、髭があると別人みたい。ディアナ役は『ボローニャの夕暮れ』で娘役だった人。今回はどんくさくて可愛らしい役でした。

原題:"Il comandante e la cicogna"(2012年/イタリア=スイス)

« フォンターナ広場 イタリアの陰謀 | トップページ | 赤鉛筆、青鉛筆 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 司令官とコウノトリ:

« フォンターナ広場 イタリアの陰謀 | トップページ | 赤鉛筆、青鉛筆 »