フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

生命の言葉——6月

 梅雨入りしたはずが、晴れて暑い日が続いています。ずいぶんと長い〈梅雨の晴れ間〉ですね。
 6月になったので、神社に行ってきました。今月の生命いのちの言葉です。

誰だって、ほんとうにいいことをしたら
いちばん幸せなんだねえ

 出典は『銀河鉄道の夜』。宮沢賢治については、今さらわたしが書くようなことはありませんが、最近読んだ『物語もっと深読み教室』(宮川健郎著/出版社)にたびたび引用されていたので、ちょっとした縁を感じました。
 おみくじは中吉。「福徳と幸運をお授けになる神様です 現在は煩いが多くても真心こめてお祈りを捧げ 忘我の精神でその本分に向って努力すれば 倖せの花の下に立つことが出来ます 酒や賭け事に注意」だそうです。
 

5月に読んだ本

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:1020ページ
ナイス数:33ナイス

北欧デコ・アイデアブック北欧デコ・アイデアブック感想
冬、家の中にいる時間が長いから、インテリアにこだわるのだろうな。お皿とか壁紙とか、いいなあと思うのがある。
読了日:5月29日 著者:ジュウ・ドゥ・ポゥム
オランダの子供部屋オランダの子供部屋感想
子ども部屋だからなあ……。あまり参考にはなりませんでした。
読了日:5月29日 著者:ジュウドゥポゥム
ベルリン、わたしの部屋づくりベルリン、わたしの部屋づくり感想
間取りが載っているのがありがたい。壁紙張ったり、壁を塗り替えたり、ベルリンでは賃貸でも自由にできるのだろうか。出るとき元に戻せないから、壁を取り壊すのはあきらめた……という人がいたので、原則現状復帰なのだろうな。
読了日:5月24日 著者:久保田 由希
いのちあふれる海へ 海洋学者シルビアアール (福音館の科学シリーズ)いのちあふれる海へ 海洋学者シルビアアール (福音館の科学シリーズ)感想
魚や動物の絵はすごくいい。この作者の未訳の絵本 "Orani: My Father's Village" が読みたい。
読了日:5月23日 著者:クレア A・ニヴォラ
庭にたねをまこう!庭にたねをまこう!感想
昔懐かしい香りのする本。原書は1947年刊。
読了日:5月21日 著者:ジョーン・G・ロビンソン
フィンランドのアパルトマンフィンランドのアパルトマン感想
インテリア、小物類もさることながら、室内で裸足でいる人が多いのが気になった。
読了日:5月19日 著者:ジュウ・ドゥ・ポゥム
ねことテルと王女さまねことテルと王女さま感想
おとぎ話ふうだけれど、おとぎ話的なステレオタイプのハッピーエンドにはなりません。末永く幸せに暮らしましたとさ、と書かれてはいても、「でも、この先、きっと苦労だろうな」という不安がよぎるようなハッピーエンドではなく、本当の意味でのハッピーエンド。
読了日:5月18日 著者:クライド・ロバート ブラ
夕ごはんまでの五分間 (本の森)夕ごはんまでの五分間 (本の森)感想
シングルマザー、血のつながらない親子、目の見えない子といった重い題材をファンタジータッチで描く。作者も画家もチェコ出身。絵はかなりくせがある。
読了日:5月17日 著者:イヴァ プロハースコヴァー
りんごかもしれないりんごかもしれない感想
テーブルの上にりんごがある。「りんごかもしれない」「でも、りんごじゃないかもしれない」「ひょっとしたら、◯◯かもしれない」……と妄想が展開していく。シュールさ、ばかばかしさが、何とも愛おしい。
読了日:5月15日 著者:ヨシタケシンスケ
暗やみの中のきらめき―点字をつくったルイ・ブライユ暗やみの中のきらめき―点字をつくったルイ・ブライユ感想
国のトップが変わると、方針も変わる。現場は振りまわされる。ナポレオン〜ナポレオン失脚の時代に生きた人たちは、日本の〈政権交代〉とは比べられようのないほど苦労したと思う。でも、本当に素晴らしいものは時代がどうであれ認められ、後世に伝わるのだとわかった。
読了日:5月14日 著者:マイヤリーサ・ディークマン
手で笑おう―手話通訳士になりたい手で笑おう―手話通訳士になりたい感想
聾者の両親の下に生まれ、聾者に囲まれて育った著者は、話し言葉よりも手話のほうが自分の言葉に感じていた。それでも、「健聴者には聾者の気持ちはわからない」と聾者に言われてしまう。本で読む以上に険しい道だったのではないかと思う。
読了日:5月6日 著者:アン・マリー リンストローム
西洋絵画のひみつ西洋絵画のひみつ感想
『ジーザス・クライスト・スーパースター』〜『聖☆おにいさん』の流れで読んだキリスト教関係のあれこれと絵画が結びついて、ぐっと親しみやすくなった。世界史的観点で美術史を見つめ直すと、なるほど!と思うことが多く、ためになった。いつの時代も需要と供給で成り立っている、ということか。
読了日:5月5日 著者:藤原 えりみ

読書メーター

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »