フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6月に読んだ本 | トップページ | 7月に読んだ本 »

6月に見た映画

 見た映画を記録しておこうと思い、先月の途中から鑑賞メーターを始めました。毎月15本見るのを目標にしています。難しいとは思いますが、目標は目標です。

6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:416分

風と共に去りぬ [DVD]風と共に去りぬ [DVD]
午前十時の映画祭にて鑑賞。数十年ぶりに見た。映画館で見るのは初めて。序曲、間奏曲、終曲……と、音楽だけ流れる箇所があり(結構長い)、最初事故かと思った。改めて見ると、スカーレットはイタい女性で、アシュレーはダメな男だし、メラニーの強さだけが輝いていた。今の時代には作れない映画。
鑑賞日:06月28日 監督:ビクター・フレミング
マレーナ [DVD]マレーナ [DVD]
田舎の村には不似合いな官能的な美女にひたすら恋い焦がれる、思春期の少年レナート。前半はレナートやその周辺の男の子たちの妄想がエロすぎて、借りたことを後悔しそうになった(イタリア版wikiによると、アメリカではそのような場面を概ねカットしたため、興行的に成功しなかったらしい)。しかし、後半、とてつもなく怖い映画と化す……。見終わっての印象は、少年から大人へと成長する時期へのノスタルジー、そして、片思いで終わった恋はいつまでも心に残るということ。
鑑賞日:06月22日 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
私を撮って [DVD]私を撮って [DVD]
派遣で働く映画編集者のルチアは、売れない俳優の夫ジョヴァンニ、1歳の息子パオリーノと暮らす。しかし、ジョヴァンニは誕生日の夜、「自由が欲しい」と突然出て行ってしまう(でも、その直後に出会った女性と同棲開始!)。戻って来て欲しくて、ルチアはいろいろと画策する。そんな2人を題材に、夫の友人2人組が非正規雇用をテーマにドキュメンタリーを撮影しているため、ルチアとジョヴァンニは一部始終を撮影されている。ドキュメンタリー風に制作されたコメディ映画。とにかく、ジョヴァンニに腹が立ってたまらなかった。
鑑賞日:06月14日 監督:

鑑賞メーター

« 6月に読んだ本 | トップページ | 7月に読んだ本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月に見た映画:

« 6月に読んだ本 | トップページ | 7月に読んだ本 »