フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

7月に見た映画

 毎月15本見るつもりが、7月はたった2本(うちDVD鑑賞ゼロ)という結果に終わりました。次回から心を入れ替えて、がんばります。でも、がんばれるかなあ。

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:2本
観た鑑賞時間:224分

アフター・アースアフター・アース
人類がいなくなったあとの地球が、絵的に面白かった。今いる動物たちと同じようでちょっと違う。鷹(鷲?)はずいぶん大きくなっていたし。
鑑賞日:07月10日 監督:M・ナイト・シャマラン
炎のランナー [DVD]炎のランナー [DVD]
午前十時の映画祭にて、スクリーン鑑賞。30年ぶりに見ました。陸上好きには堪えられないストーリー。おまけにファッションも素敵、音楽もいい。30年前の感動はそのまま。出番は少ないけれど、ショルツ役のブラッド・デイヴィスが鮮烈な印象を残す。
鑑賞日:07月01日 監督:ヒュー・ハドソン

鑑賞メーター

7月に読んだ本

「毎月本を15冊(うち1冊は自然科学系)、絵本を15冊読み、映画を15本見ること」を目標にしたはずが、全然実行できていません。7月に読んだ本は計18冊。漫画が4冊。絵本が5冊。児童書が4冊。一般向けの小説が1冊。その他4冊。『雪の結晶ノート』と『グレゴール・メンデル―エンドウを育てた修道士』がかろうじて自然科学系(絵本だけれど)。
 8月もたぶん、目標達成は厳しいと思うけれど、頭の片隅には入れておきます。
 それにしても、現在、プリンスエドワード島に鉄道は走っていないのか! マシューとアンが出会ったのは鉄道の駅だったのに。何ともさびしいです。

2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:2658ページ
ナイス数:39ナイス

チャンネルはそのまま!(6) (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)チャンネルはそのまま!(6) (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
これで完結とは知らなかったので、最終話にびっくり。最終話、ドラマのラストにちょっととうるっとしました。
読了日:7月31日 著者:佐々木倫子
アヤメくんののんびり肉食日誌 (Feelコミックス)アヤメくんののんびり肉食日誌 (Feelコミックス)感想
一部立ち読みして想像していたのより、少し大人っぽい内容だった。1巻と明記されていないけれど、続きがあるらしい。
読了日:7月31日 著者:町 麻衣
発電所のねむるまち発電所のねむるまち感想
原子力発電所の建設をめぐって町が分断されていくさまは、何とも悲しかった。
読了日:7月31日 著者:マイケル モーパーゴ
ネコの目からのぞいたらネコの目からのぞいたら感想
ネコとテレパシーでつながって、目を閉じると、ネコの見ている風景が見られる? ネコ好き必読の書!
読了日:7月30日 著者:シルヴァーナ・ガンドルフィ
オーケストラ・吹奏楽が楽しくわかる楽器の図鑑〈3〉金管楽器―トランペットのなかまオーケストラ・吹奏楽が楽しくわかる楽器の図鑑〈3〉金管楽器―トランペットのなかま感想
各楽器ごとに「◯◯の名曲を聴いてみよう♪」と3曲ずつ紹介されているのがうれしい。クレイジンガーの「チューバ吹きのタビーちゃん」に興味津々。
読了日:7月26日 著者:佐伯 茂樹
モッキンバードモッキンバード
読了日:7月25日 著者:キャスリン アースキン
ぼくは ここにいる (わくわく世界の絵本)ぼくは ここにいる (わくわく世界の絵本)感想
自閉症の男の子(自閉症という表現は出てこないけれど)と周りの子どもたちとの関わりを描く。身近にいる(かもしれない)こんな子たちの存在に気づいてもらえれば。そして、気にかけてもらえれば、と思う。
読了日:7月24日 著者:ピーター・レイノルズ
赤毛のアンの島へ プリンス・エドワード島&物語ガイド (MOE BOOKS)赤毛のアンの島へ プリンス・エドワード島&物語ガイド (MOE BOOKS)感想
現在、プリンスエドワード島に鉄道は走っていないのか……。残念だな。
読了日:7月24日 著者:山内 史子
雪の結晶ノート雪の結晶ノート感想
雪の結晶の美しいこと! 冬が待ち遠しい。
読了日:7月19日 著者:マーク カッシーノ,ジョン ネルソン
チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記感想
本の作りが素敵。雑貨の買い付けには行くことはないと思うけれど、東欧旅行のガイドとして参考になります。「雑貨ハンターの旅日記」を読んで、商売をやっていくのに大切なことは、結局、人と人とのつながりなのだということがよくわかりました。
読了日:7月18日 著者:チャルカ
魔法がくれた時間 (ハートウォームブックス)魔法がくれた時間 (ハートウォームブックス)感想
おじいちゃんの死を受け入れられない孫娘ファニーが、不思議な薬を手に入れておじいちゃんに飲ませたら、みるみる元気に。ジャンニ・ロダーリの "C'era due volte il barone Lamberto" を思わせる物語。ただし、ずっと短い。
読了日:7月18日 著者:トビー・フォワード
名探偵コナン 80 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 80 (少年サンデーコミックス)感想
80巻か。ようやく由美さんの恋バナが(でも、進展するのかどうかは不明)。そして、千葉刑事! まったく……。いい加減気づけよ〜!
読了日:7月18日 著者:青山 剛昌
そだててあそぼう 94そだててあそぼう 94感想
通っていた小学校でうさぎを飼っていたけれど、あれも軍事目的で飼われていた名残りだったのだろうか。ところで、表紙の絵、可愛いのに、読書メーターで「no image」となっているのが非常に残念です。アマゾンでは表紙画像見られるのに。
読了日:7月17日 著者:
白い人びと―― ほか短篇とエッセー (大人の本棚)白い人びと―― ほか短篇とエッセー (大人の本棚)感想
表題作は『秘密の花園』の作者による幻想小説。ここで描かれている白い人びとは、日本にいる似たような存在とはずいぶん異なっている。仏教徒ではないから、「成仏する」という感覚はないだろうけれど。
読了日:7月17日 著者:フランシス・バーネット
HIGH SCORE 12 (りぼんマスコットコミックス)HIGH SCORE 12 (りぼんマスコットコミックス)感想
電車の中で読んだのは失敗だった……。
読了日:7月12日 著者:津山 ちなみ
絵本翻訳教室へようこそ絵本翻訳教室へようこそ感想
講義形式で絵本を1冊訳す。訳例(生徒訳・先生訳)が掲載してあるのでわかりやすい。翻訳のテクニックだけでなく、絵本をいかに深く読み込むかも教えてくれる。
読了日:7月2日 著者:灰島 かり
百駅停車: 股裂き駅にも停まります百駅停車: 股裂き駅にも停まります感想
知っている駅が載っていてうれしい。でも、廃線となった路線の駅や、建て替えで消えてしまった駅舎もあって、胸が痛む。この先も増えていくのだろうか。
読了日:7月2日 著者:杉﨑 行恭
グレゴール・メンデル―エンドウを育てた修道士グレゴール・メンデル―エンドウを育てた修道士感想
研究というのは気長にやるもので、すぐに結果を求めるものではないのだということがよくわかる。メンデルは修道士になってよかった。植物の絵が非常に細かい。
読了日:7月2日 著者:シェリル バードー

読書メーター

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »