フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

築地と銀座で

 GWはずっと有楽町で開催中のイタリア映画祭に通い詰め、4月30日を除いて毎日足を運び、計8本見ました。毎日1本ずつ見るのと、1日3〜4本を2〜3日で見るのとどっちが楽なのでしょうか。この映画祭、日本の業界向け見本市的な趣もあるそうです。お金に余裕があったら、近くのビジネスホテルに何日か泊まって集中して見てみたい気もします。
 最終日は『僕たちの大地』『ラ・パッショーネ』を見たのですが、あいだが2時間ほどあいてしまったので、ご朱印をいただきに行くことにしました。深川〜人形町めぐりをしたときに行き損ねた椙森神社へ行くことも考えたのですが、やはり別の場所がいいので、築地にしました。

 築地というと、何といっても築地本願寺が有名ですが、築地本願寺にはご朱印はありません。そもそも、ご朱印というものは写経をしてお寺に収めたときにもらう、受領証のようなもの。お経を唱えるだけで救われる、写経は必要とないとする浄土真宗の本山である築地本願寺にご朱印があろうはずもないのでした。

 日比谷線築地駅で降り、地上に出ると、目の前に築地本願寺が! 圧倒的な存在感が恐れ多くて、道路の向こうから遠巻きに眺めながら、築地市場方面へ。行き先は波除神社です(HPも鳥居の横にある名前も「波除神社」なのですが、いただいた案内には「波除稲荷神社」。HPの「よくある質問」によると、問い合わせ先名称は「波除稲荷神社」……深く考えるのはやめよう)。

Photo

 築地市場を抜けると、鳥居が見えます。

_2

Photo_2

 お稲荷さんもあります。

_3

 ご朱印をいただきました。波の模様がかわいい!


_1

 せっかくなので、築地本願寺も参拝することにしました。コンクリートの建物が威圧的な気がして、こわごわ入ります。入ってみると、思ったほど威圧的ではなく、この建物も、「仏教は元々インドのものなのだから、インドのイメージで」という建築家の意図で設計されたようです。

_2_2

 設計したのは一橋大学の兼松講堂なども手がけた伊東忠太。妖怪が好きな人だったと聞いています。兼松講堂には妖怪風の謎の動物がたくさんいますが、築地本願寺にも。こんなのを見たら、愛おしくなってしまいます。
 やはり聞かれることが多いのか、「ご朱印はありません」という案内が貼ってあり、代わりに記念スタンプが置いてありました。押しませんでしたが。


_1_2

_2_3

 銀座に戻り、三越の屋上へ(ティファニーも何もかも一瞥もせず、地下から一気に上がりました)。銀座出世地蔵尊(上)と三囲神社銀座摂社(下)があります。社務所は閉まっていました。3時で閉まってしまうようです(早すぎ……)。「御利益を祈願して成就せざることなし」と伝えられていると聞いて、しっかり拝んできました。


4月に読んだ本

2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1352ページ
ナイス数:66ナイス

カステラカステラ感想
第1回日本翻訳大賞受賞作。短編集。かなり悲惨な、何とも切ない現実を奇想天外な設定で描いた作品が大半。村上春樹を思わせるというコメントに、何となく納得(実は村上春樹、読んだことないけれど)。ヘイゼルの悲劇とハルク・ホーガンはツボだった。
読了日:4月29日 著者:パクミンギュ
名探偵コナン 86 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 86 (少年サンデーコミックス)感想
平次登場はうれしいけれど、事件は全体的に今ひとつ。最後の川中島連続殺人事件はグロい。首を切り落とされたり、身体を焼かれたりする話は読みたくなかった……。
読了日:4月23日 著者:青山剛昌
(019)日本人と神様 (ポプラ新書)(019)日本人と神様 (ポプラ新書)感想
ハワイ大神宮のご祭神は、天照大御神と天之御中主大神と八百万命神、それから、カメハメハ大王とジョージ・ワシントン、というのにびっくりした。
読了日:4月11日 著者:櫻井治男
ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~感想
西国分寺にあるクルミドコーヒーのオーナー、影山さんの著書。利益追求ではない、特定多数のお客さんを大事にするという考え方に共感しました。カフェ経営以外にも応用できると思います。
読了日:4月9日 著者:影山知明
英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)感想
タイトルから勝手に思い浮かべていたイメージとは少し違っていた。息子さんたち、中高生くらいかと思っていたら、まだまだ幼くて、グルメよりもポケモンセンターやドッグカフェに引きつけられるお年ごろ。そんな子どもたちに振りまわされつつ、適当に妥協したり、奥さんと協力しあったりして目的達成を試みるさまが面白かった。一家が来日してから10年も経っていないのに、なくなってしまった店が結構あるらしいのは残念。
読了日:4月7日 著者:マイケル・ブース
かくかくしかじか 5 (愛蔵版コミックス)かくかくしかじか 5 (愛蔵版コミックス)感想
完結。そのときはあっけなく来てしまった。1巻が高校生(日高先生と出会う)、2巻が美大生、3巻が社会人(漫画家デビュー)、4巻が漫画家専念(大阪に引っ越す)、そして5巻で完結。ちょうどいい長さだったと思う。
読了日:4月1日 著者:東村アキコ

読書メーター

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »