フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月に読んだ本 | トップページ | 生命の言葉——5月 »

4月に観た映画

 4月に観た映画は4本。午前十時の映画祭で『アメリ』と『ライフ・イズ・ビューティフル』を、イタリア映画祭で『君が望むものはすべて』、あと『3月のライオン 後編』を観ました。
『アメリ』と『ライフ・イズ・ビューティフル』 は今回初めて観ました。
『アメリ』は日本でどうしてあんなにヒットしたのかがよくわかりません。部分的に好きな箇所もあるけれど(ノームが旅するところとか、あちこちのスピード写真の機械で写真を撮っている謎の男の正体とか)、生理的に受けつけないところもあり……。
 ロベルト・ベニーニが苦手なのと、ホロコーストの話だからと避けていた『ライフ・イズ・ビューティフル』は思いのほかいい映画でした。二人が結婚するまでがずいぶん長いような気がしたたけれど、観終わってみると、必要な長さだったように感じられました。
『君が望むものはすべて』はイタリアでもまだ上映されていなくて、いわばワールドプレミア。トラステーヴェレの風景が懐かしく、今年お父さまを亡くされたという監督の「もっと父に話を聞いておけばよかった」という言葉に共感したり……。
 Filmarksのマイページはこちら

« 4月に読んだ本 | トップページ | 生命の言葉——5月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月に観た映画:

« 4月に読んだ本 | トップページ | 生命の言葉——5月 »