フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生命の言葉—— 3月 | トップページ | 3月に観た映画 »

3月に読んだ本

 3月は3つの読書会に参加しました。翻訳ミステリー大賞シンジケートの西東京読書会(課題本は『ハティ最期の舞台』)、文芸翻訳ブッククラブの読書会(課題本は『嘘の木』)、そして架空読書会(課題本は……ありません!)。『猿橋勝子という生き方』と『問題だらけの女性たち』は『嘘の木』と通じるところがあり、合わせて読むといっそう興味深かったです。
 心に残る本が多かったように思います。

3月の読書メーター
読んだ本の数:28
読んだページ数:10986
ナイス数:58

テディが宝石を見つけるまでテディが宝石を見つけるまで感想
タイトルどおりの物語。読み終えて、アイリッシュウルフハウンドを画像検索。でかい! かわいい! そして、たぶん賢い。
読了日:03月31日 著者:パトリシア・マクラクラン
猿橋勝子という生き方 (岩波科学ライブラリー)猿橋勝子という生き方 (岩波科学ライブラリー)感想
猿橋賞の存在は知っていても、猿橋勝子という科学者のことはほとんど知らなかった。本編も興味深いことが満載だが、米沢富美子さんのあとがきも圧巻。米沢さんのお母さんの話は『人生は、楽しんだ者が勝ちだ』に詳しく書いてあったと思う。
読了日:03月29日 著者:米沢 富美子
問題だらけの女性たち問題だらけの女性たち感想
ダーウィンのことが嫌いになりそう……。そういう時代だったから、しかたないのかもしれないけれど。
読了日:03月24日 著者:ジャッキー・フレミング
君に届け 30 (マーガレットコミックス)君に届け 30 (マーガレットコミックス)感想
ついに完結。連載期間12年か〜。読み始めたころ未就学児だった次女もこの春から大学生。新刊が出ると必ず買っていた漫画が、これでひとつ終わってしまった。
読了日:03月23日 著者:椎名 軽穂
つくって楽しい!世界のスイーツ〈4〉北・南アメリカのスイーツつくって楽しい!世界のスイーツ〈4〉北・南アメリカのスイーツ感想
キンジン、アルファホールなどの作り方が載っている。フラン、作ってみたいけれど、コンデンスミルク350ml、エバミルク400ml必要と知り、ためらい中……。
読了日:03月23日 著者:宮沢 うらら
北・中央・東ヨーロッパ  スウェーデン オーストリア チェコ ロシア ほか (しらべよう!世界の料理)北・中央・東ヨーロッパ スウェーデン オーストリア チェコ ロシア ほか (しらべよう!世界の料理)感想
『世界食べものマップ』と合わせて読むとよろしいかと。
読了日:03月23日 著者:青木 ゆり子
ルーマニア (世界のともだち)ルーマニア (世界のともだち)
読了日:03月21日 著者:長倉 洋海
フィンランド (世界のともだち)フィンランド (世界のともだち)感想
へえ、フィンランドにもカオリっていう名前があるんだ〜と思ったら、おじいさんが日本人で、日本風の名前がつけられたのだとか。
読了日:03月20日 著者:松岡 一哲
くらやみのゾウ―ペルシャのふるい詩から― (児童図書館・絵本の部屋)くらやみのゾウ―ペルシャのふるい詩から― (児童図書館・絵本の部屋)感想
13世紀のペルシャの詩人ルーミーの「目の見えない人たちがゾウにさわった話」が元になっている。情報共有は大切ということ。
読了日:03月20日 著者:ミナ ジャバアービン
フランクリンの空とぶ本やさんフランクリンの空とぶ本やさん感想
本の好きなドラゴンというだけでもいい設定なのに、本屋さんを始めるなんて! 渋い色合いの絵がすてき。
読了日:03月16日 著者:ジェン・キャンベル
うちゅうひこうしに なりたいな (ポプラせかいの絵本)うちゅうひこうしに なりたいな (ポプラせかいの絵本)感想
1993年に佑学社から、1998年にインターコミュニケーションズから刊行された絵本の復刊。最初の出版から四半世紀を経て、スペースシャトルが「かつて存在したもの」と化してしまったことが何よりも感慨深かった。
読了日:03月15日 著者:バイロン バートン
ねこでんしゃねこでんしゃ感想
二足歩行のねこたちが電車に乗って旅をする。なかなかシュール。
読了日:03月15日 著者:山口 マオ
すずちゃんののうみそ 自閉症スペクトラム(ASD)のすずちゃんの、ママからのおてがみすずちゃんののうみそ 自閉症スペクトラム(ASD)のすずちゃんの、ママからのおてがみ感想
自閉症スペクトラムのすずちゃんのお母さんが、保育園のお友だちにあてた手紙を絵本にしたもので、元は紙芝居だった。とてもわかりやすく説明されていると思う。巻末の「自閉症の主な特徴」を読んで、自分と照らし合わせて少し考えてしまった……。
読了日:03月15日 著者:竹山 美奈子
アマゾンの料理人 世界一の“美味しい”を探して僕が行き着いた場所アマゾンの料理人 世界一の“美味しい”を探して僕が行き着いた場所感想
そうか、カピバラって美味しいのか……。世界一予約が取りにくいといわれるクリエイティブなレストランで研修生として働いてみて、廃棄される食材の多さに驚き、これは自分がめざすものではないと悟ったところにいたく共感。アマゾン、すごいところだなあ。
読了日:03月15日 著者:太田 哲雄
シロクマが家にやってきた!シロクマが家にやってきた!感想
特別な支援を必要とするきょうだいがいると、ほかの子はなかなかつらい。ミスターPはシェーンだったのか。
読了日:03月12日 著者:マリア・ファラー
パレスチナ (世界のともだち)パレスチナ (世界のともだち)感想
ルールデスは東エルサレム旧市街に住むキリスト教徒の女の子。家族でユダヤ人の暮らす新市街に買い物に行くこともある。ゲッセマネや旧市街の写真を見ると、エルサレムに行ってみたくなるけれど……。
読了日:03月11日 著者:村田 信一
きみにもできる国際交流〈21〉チェコ・ハンガリー・ポーランドきみにもできる国際交流〈21〉チェコ・ハンガリー・ポーランド感想
チェコではクリスマス・イブに鯉のフライを食べるらしい。クリスマス・イブに魚を食べるのはイタリアも同じだった。鯉なのは海がないからかなあ。大昔、食べた鯉の刺身は骨っぽくてあまり美味しくなかった。鯉のフライはどうだろうか。
読了日:03月09日 著者:こどもくらぶ,富盛 伸夫,早稲田 みか,小原 雅俊,鈴木 広和
イタリアの子どもたち (世界の子どもたちはいま)イタリアの子どもたち (世界の子どもたちはいま)感想
シエナに住む小学3年生の男の子と小学5年生の女の子を通して、イタリアの子どもたちの生活を紹介している。アンケートはあまりさんこうにならないような……。
読了日:03月09日 著者:西村 佐二
さよなら、スパイダーマンさよなら、スパイダーマン感想
無差別テロにより家族を失ったことをきっかけに崩壊していく家族の姿を、10歳の少年ジェイミーの視点で描く。終盤……ジェイミーが父の気持ちを理解するには、ほんとうにあの展開にするしかなかったのだろうか?
読了日:03月09日 著者:アナベル・ピッチャー
わたしはヴァネッサと歩く クラスのいじめを止めさせた、たった一つの行動わたしはヴァネッサと歩く クラスのいじめを止めさせた、たった一つの行動感想
バンド・デシネなど幅広いジャンルで活躍している夫婦ユニットによる文字なし絵本。転校生がいじめられていることを知った女の子が、悩んだ末行動を起こす。
読了日:03月06日 著者:ケラスコエット
チェコの十二ヵ月―おとぎの国に暮らすチェコの十二ヵ月―おとぎの国に暮らす感想
プラハ在住の画家、出久根育さんが理論社HPに連載しているエッセイをまとめ、書き下ろしの絵(一部カラー)を添えたもの。四季折々の行事など、生活している者ならではの視点が興味深い。昔語りを聞かされているような気分になる。
読了日:03月06日 著者:出久根 育
イスラエル (世界のともだち)イスラエル (世界のともだち)感想
テルアビブに行ってみたくなった。小学校まで家の車かタクシーで通っているのは、単に遠いから? それとも……? 同じシリーズのパレスチナも読まなければ。
読了日:03月06日 著者:村田 信一
きかんしゃリトル はじめてのぼうけんきかんしゃリトル はじめてのぼうけん感想
機関車のかたちを使った、親子もの。列車はレールの上を走るから、親も安心して冒険させられる。リトルを女の子に設定してはいけないのかな?
読了日:03月05日 著者:ティモシー・ナップマン
せかいいちまじめなレストラン (ほるぷ創作絵本)せかいいちまじめなレストラン (ほるぷ創作絵本)感想
まじめなイタメーニョさんの作る料理やお菓子、飲み物は絶対おいしいはず。メニューにさりげなく「ヤンソンさんゆうわく」が入っている(笑)。
読了日:03月05日 著者:たしろちさと
いろいろ いろんな かぞくの ほんいろいろ いろんな かぞくの ほん感想
家族の形態も住んでいる場所も、本当にそれぞれ。自分の常識が世界共通の常識だと思わないほうがいい。どのページにも登場しているねこの名前は最後の方で判明する。
読了日:03月05日 著者:メアリ ホフマン
体験取材!世界の国ぐに 29 イタリア体験取材!世界の国ぐに 29 イタリア感想
ひとつの国をざっくり知るのには便利なシリーズ。10年前の刊行なので、多少古くなってしまった情報はあると思うけれど、地理・歴史的な情報は不変ななず。
読了日:03月01日 著者:吉田 忠正
ハエくん (ほんやくえほん)ハエくん (ほんやくえほん)感想
『マルコとパパ』の作者グスティの絵本。ものすごい展開だと聞いていたけれど……。わー!と叫びたくなった。
読了日:03月01日 著者:グスティ
大使館の食卓 おうちで簡単レシピ集大使館の食卓 おうちで簡単レシピ集感想
かつてBSフジで放送していた番組発のレシピ集。第106回までの放送が元になっているので、目当てのレシピは収録されていなかった。第2弾は作られなかった模様。
読了日:03月01日 著者:「おとなのデジタルTVナビ」編集部

読書メーター

« 生命の言葉—— 3月 | トップページ | 3月に観た映画 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月に読んだ本:

« 生命の言葉—— 3月 | トップページ | 3月に観た映画 »