フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

5月に観た映画

 5月に観たのは7本。

『太陽がいっぱい』(1960年/フランス、イタリア)
『環状線の猫のように』(2017年/イタリア)
『イタリアの父』(2017年/イタリア)
『シェーン』(1953年/アメリカ)
『オマールの壁』(2013年/パレスチナ)
『ヒットマン:インポッシブル』(2016年/ハンガリー)
『パラダイス・ナウ』(2005年/フランス、ドイツ、オランダ、パレスチナ)

『太陽がいっぱい』と『シェーン』は午前十時の映画祭にて、
『環状線の猫のように』と『イタリアの父』はイタリア映画祭にて(今年はこの2本だけ)、
『オマールの壁』と『パラダイス・ナウ』はUPLINK Cloudで(5月末まで視聴無料だった)、
『ヒットマン:インポッシブル』はEU フィルムデーズ2018で観ました。

 Filmarksのマイページはこちら

5月に読んだ本

 7月15日に予定されている西東京読書会の課題本がカリン・スローターの新刊『罪人のカルマ』に決まったので、「ウィル・トレント」シリーズを1作めから順番に読んでいます。間に合うかなあ……。

5月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:2167
ナイス数:58

ちっちゃい おおきい おんなのこちっちゃい おおきい おんなのこ
読了日:05月29日 著者:クレア・キーン
世界を変えた100人の女の子の物語世界を変えた100人の女の子の物語感想
翻訳もののせいか、知らない人も多い。「活動家」という肩書きの人が目につくのは仕方ないのかな。娘たちと同年代で評価が定まっていない人たちもいるのは気になった。それはさておき、ジョーン・ジェットの名前をこういった本で見るとは40年前(!)には想像しなかった。でも、なんでスージー・クアトロじゃないんだろう。
読了日:05月28日 著者:エレナ・ファヴィッリ,フランチェスカ・カヴァッロ
ピンポン (エクス・リブリス)ピンポン (エクス・リブリス)感想
壮絶ないじめの話と思いきや……。
読了日:05月25日 著者:パク・ミンギュ
たった ひとつの ドングリが (児童図書館・絵本の部屋)たった ひとつの ドングリが (児童図書館・絵本の部屋)
読了日:05月22日 著者:ローラ・M. シェーファー,アダム シェーファー
たぬきの花よめ道中 (えほんのぼうけん)たぬきの花よめ道中 (えほんのぼうけん)感想
表紙のたぬきの花嫁が美人さん。うちのかりんに似ている。かりんはたぬきではないけれど。
読了日:05月22日 著者:最上一平
ぜったいいぬをかうからね (チャーリーとローラ)ぜったいいぬをかうからね (チャーリーとローラ)
読了日:05月21日 著者:ローレン チャイルド
砕かれた少女 (マグノリアブックス)砕かれた少女 (マグノリアブックス)感想
「ウィル・トレント」シリーズ第2作。数年前、身近で起きた事件を思い出してしまい、何ともいえない気分になった。
読了日:05月16日 著者:カリン・スローター
レインボーフラッグ誕生物語―セクシュアルマイノリティの政治家ハーヴェイ・ミルクレインボーフラッグ誕生物語―セクシュアルマイノリティの政治家ハーヴェイ・ミルク
読了日:05月08日 著者:ロブ サンダース
キジのかあさんキジのかあさん
読了日:05月08日 著者:クォン・ジョンセン
ウルフィーは、おかしなオオカミ? (海外秀作絵本)ウルフィーは、おかしなオオカミ? (海外秀作絵本)感想
スコーンのレシピ付き。
読了日:05月08日 著者:ニコラ シニア
ひなげしのおうじ (もりのこえほん)ひなげしのおうじ (もりのこえほん)感想
王子に子どもがいたのにはびっくりした。
読了日:05月08日 著者:エリザベス・イワノフスキー
あそぼう! はなのこたち (もりのこえほん)あそぼう! はなのこたち (もりのこえほん)
読了日:05月08日 著者:エリザベス・イワノフスキー
マルラゲットとオオカミ (児童書)マルラゲットとオオカミ (児童書)
読了日:05月08日 著者:マリー コルモン
世界お菓子紀行 (フォトブック)世界お菓子紀行 (フォトブック)感想
この類いの本を何冊も読んできたので、さすがに目新しいものはほとんどなかった。
読了日:05月07日 著者:
三連の殺意 (マグノリアブックス)三連の殺意 (マグノリアブックス)感想
ウィル・トレントシリーズ第1作。きつい話だなあ……。
読了日:05月06日 著者:カリン・スローター

読書メーター

生命の言葉——6月

Seimei_6gatsu

 6月になったので、神社に行ってきました。

 さて、今月の生命(いのち)の言葉です。

尋常(よのつね)ならずすぐれたる 徳(こと)のありて可畏(かしこ)き物を 迦微(かみ)とは云(いふ)なり

 江戸時代の国学者・文献学者・医師、本居宣長が『古事記伝』のなかで、日本人が古くから持っていた「神」に対する考え方を述べたもの、だそうです。

 おみくじは大吉でした! 「願望 初心に返り励めば万事順調に叶えられます」とのこと。がんばろう。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »