フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6月に読んだ本 | トップページ | 生命の言葉——7月 »

6月に観た映画

 6月に観た映画は6本。

『オール・ザット・ジャズ』(1979年/アメリカ)
『レディ・バード』(2017年/アメリカ)
『万引き家族』(2018年/日本)
『猿』(2016年/ブルガリア)
『ラスト・ワルツ』(1978年/アメリカ)
『マッド・メアリー』(2016年/アイルランド)

『オール・ザット・ジャズ』は午前十時の映画祭9で、『猿』と『マッド・メアリー』はEU フィルムデーズ2018で観ました。
ブルガリア映画は初めてだったけれど、『猿』はとてもよかった。YA好きにおすすめしたいけれど、今後上映される機会はあるのだろうか?
『マッド・メアリー』の上映前にアイルランド大使館関係者がご挨拶され、ここ数年観て好きな映画にアイルランド関係が多いことに改めて気づいた(『レディ・バード』の主演女優もアイルランド人)。
『ラスト・ワルツ』は公開40周年記念上映で、わたしは40年前には観ていないので今回が初めて。ずっと噂には聞いていたけれど、すごくよかった! ザ・バンドのリーダーであり、ギタリストであったロビー・ロバートソンがそこはかとなく西城秀樹(公開当時、秀樹、絶対観ていただろうなあ……)。
『レディ・バード』はYA好きな人はたぶん好きな映画。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の彼や『君の名前で僕を呼んで』の彼が出ていた。
『万引き家族』はよかった。脇役の豪華さ!  さすが映画だなあ。
で、『オール・ザット・ジャズ』、午前十時の映画祭で上映されるのだから名作なのでしょうが、わたしにはよくわかりませんでした。

 Filmarksのマイページはこちら

« 6月に読んだ本 | トップページ | 生命の言葉——7月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月に観た映画:

« 6月に読んだ本 | トップページ | 生命の言葉——7月 »