フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月に観た映画 | トップページ | 今年はふたりで(2日目) »

今年はふたりで(1日目)

 昨年夏は娘たちと女3人で京都を旅しましたが、今年は次女とわたしの二人旅。行き帰りと夕飯だけ一緒で、昼間は別行動という気楽な旅でした。

 去年と同じ、下鴨神社の古本市の時期に行きたかったけれど、お盆の時期は高いので断念(2泊3日の新幹線+ホテルのパックが1万円くらい違うのです)。

 8月20日(火)のお昼すぎに京都に到着。荷物をホテルに送り、お昼と食べると、次女と別れ、前から行きたかった、絵本のこたちさんへ。

Img_0076 

 京阪・中書島駅から20分程度てくてく歩き、冷房の効いた店内が心地よかったです。

 前から気になっていた 写真集『京都ほんやら洞の猫』(甲斐扶佐義著/エディション・エフ)を買いました。

 中書島まで、またてくてく歩き、京阪で伏見稲荷へ。4年前も行きました。ええ、好きなんです、稲荷さん。おみくじは末吉。「あきない そん多し、しかし強くおせば良き事あり」だそうです。もっと強引に押してみるか〜。境内で猫に遭遇
 京阪の駅に向かう途中、参道にあるお店でスズメの焼き鳥を見つけました。思えば、生まれて初めて伏見稲荷に来た小学生3年生か4年生のころ、夕方で薄暗くなっていて、参道のお店でニワトリではない鳥の焼き鳥を売っていて、それがとても怖かったのですよね。その数年後、真夏の昼間にひとりで来たとき、明るいし、焼き鳥はないし、ここの何が怖かったのだろう?と思ったのですが。今回、久しぶりに見て、数はほんの少しですが、とても怖かったです。スズメの形をしていました。鳥は見るものであって、食べるものではありません。

 さて、駅前で豆腐アイスなんぞを食べているうちに、4時近くなってしまい、社寺詣でをするには遅い時間になってしまいました。京阪で出町柳まででて、出町柳周辺の書店をのぞくつもりが、叡電の乗り場に近い出口から出てしまったので、勢いで叡電に乗りました。そのまま勢いで鞍馬まで行ってしまおうかと思ったけれど、片道30分くらいかかるのでさすがにやめ、一乗寺で降りて、恵文社一乗寺店に行きました。ここも毎回寄っているような……。

Img_0096

 そうこうするうちに、次女から連絡が入ったので、京都駅で待ち合わせ、ホテルのある四条烏丸まで歩きながら、適当なお店で夕飯を食べようということになりました。

 通りの反対側にカプリ食堂というお店を見つけ、気になるので道路を渡ってのぞいてみて、よさそうなので入ってみました。レモン料理専門店だそうです。サラダ、ピッツァ、リゾット……どれもレモンが入っていました。すぐそばのテーブルにドイツ人の母娘(国籍と関係性は推定)がいて、娘さんがわたしたちの食べているものを気にしてちらちら見ているのが面白かった。ドイツ人とわかったのは、二人がドイツ語で話しているのを次女が聞いたから。そういえば、わたしは伏見稲荷とJR奈良線の中でイタリア人に遭遇しました。

 腹ごなしにホテルまで歩き、チェックイン。お湯が熱めの大浴場で筋肉をほぐし、1日目は終了。(2日目に続く)

« 7月に観た映画 | トップページ | 今年はふたりで(2日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月に観た映画 | トップページ | 今年はふたりで(2日目) »