フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6月に読んだ本 | トップページ | 7月に読んだ本 »

6月に観た映画

 6月に観た映画は5本。うち4本は今年はオンラインでの開催となったEUフィルムデーズ2020にて。


 第二次大戦のイタリア戦線について何も知らないので、資料としてロベルト・ロッセリーニ監督の『無防備都市』と『戦火のかなた』を観ようと思い、それぞれのDVDを買うより、ロッセリーニとヴィスコンティとデ・シーカの映画10本セットのDVDのほうがお買い得だったので、そっちを買いました。

 

リトル・マン』(2015年/チェコ)
森のなかの、自分で建てた家にひとりで暮らすリトルマン。ないものなんてない!はずだったのに、悪夢にうなされて寝られないのに耐えられず、夢に出てくる家を探しに旅に出る。チェコ伝統の人形劇のアニメーション。EUフィルムデーズ2020でオンライン鑑賞。

ヴァトレニ クロアチアの炎』(2018年/クロアチア、メキシコ)
サッカークロアチア代表チーム "ヴァトレニ" が、暴動、内戦を経てW杯フランス大会で3位になるまでを記録したドキュメンタリー。これ、大きい画面で観たかった! EUフィルムデーズ2020でオンライン鑑賞。

ファイナル・カット』(2012年/ハンガリー)
古今東西の映画のいろいろな場面を繋げて作られた壮大なラブストーリー(たぶん)。似たような場面が多いのだなあと思って見始めたものの、そのうち飽きてきて、ちょっと長すぎるのでは?と思いつつ、どんな展開になるのか気になって最後まで観た。エンディングで使われた映画のタイトル(その場面に登場した俳優名含む)と使われた映画音楽が使われた順番でリストアップされて、圧巻。オープニングとエンディングにいちばん感動したかも。EUフィルムデーズ 2020で無料公開していたのをオンライン鑑賞。

小さな灯り』(2018年/イタリア)
人里離れた一軒家にひとり静かに暮らす老人。夜になると、森のなかに小さな灯りが見えるのに気づく。あの辺りには誰も住んでいないと村の人は言うが、訪ねてみると、小さな男の子がひとりで暮らしていた。何でもひとりでできるから手伝いは要らないというが、老人は男の子を訪ねるようになる。自分の名前は忘れてしまった、夜の学校に通っているという。だが、村の人の話では夜の学校などないという。
台詞が少なく、登場人物の感情表現も抑えめで、淡々と進行していく。映像が美しい。老人役は原作者自身。EUフィルムデーズ 2020でオンライン鑑賞。

戦火のかなた』(1946年/イタリア)
第二次大戦末期、イタリア戦線を舞台にした6本のオムニバス。シチリアから上陸したアメリカ軍が北上していくように、舞台はシチリア、ナポリ、ローマ、フィレンツェ……と北上し、最後はポー川沿岸。ハッピーエンドはひとつもなく、戦争には何の救いもないことを伝えてくれる。DVDで鑑賞。

 Filmarks のマイページはこちら

« 6月に読んだ本 | トップページ | 7月に読んだ本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月に読んだ本 | トップページ | 7月に読んだ本 »