フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

8月に読んだ本

8月の読書メーター
読んだ本の数:24
読んだページ数:5342
ナイス数:117

お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 下お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 下感想
登場人物が多いけれど、上下巻のそれぞれ巻頭に部屋割りした登場人物一覧(部屋番号、本名、あだな、学年、わかる場合はクラスも明記)があるので、確認しながら読んだ。会話中心に、あくまでも語り手アスが理解している範囲のことが書かれているだけだが、それでも訳ありで寮にいるらしい子がいるとか、誰でもいろいろな面があることなどが伝わってくる。
読了日:08月31日 著者:有沢 佳映
ミステリと言う勿れ (6) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (6) (フラワーコミックスアルファ)
読了日:08月31日 著者:田村 由美
ミステリと言う勿れ (5) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (5) (フラワーコミックスアルファ)
読了日:08月31日 著者:田村 由美
ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)
読了日:08月30日 著者:田村 由美
ミステリと言う勿れ (3) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (3) (フラワーコミックスアルファ)感想
整くんにも闇がありそう。
読了日:08月30日 著者:田村 由美
ミステリと言う勿れ (2) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (2) (フラワーコミックスアルファ)感想
池本さんの舌が気になる。ゆるい話かと思っていたら、ダークな展開。
読了日:08月30日 著者:田村 由美
ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)感想
久能整という名前に既視感があると思ったら、コナンの98巻の名探偵図鑑で紹介されていた。
読了日:08月30日 著者:田村 由美
お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 上お庭番デイズ 逢沢学園女子寮日記 上感想
主人公で語り手のアスは中学1年生。部活参加が義務づけられている公立中学校に進学するのが嫌で、受験して逢沢学園に入学し、女子寮に入っている。二学期になって、先代お庭番の引退に伴い、アスたち101号室の3人が新お庭番に任命された。上巻はお庭番って何? 絶対無理!と逃げまわっていたアスが引き受けるまでを描く9月の話と、ラブハンター、ユリア先輩の事件を解決に導く10月の話を収録。
読了日:08月29日 著者:有沢 佳映
世界中から たっくさん!世界中から たっくさん!感想
南極大陸、アリス・スプリングス、香港……世界中の15の場所を、それぞれ見開き2ページを使って、建物や動物、食べ物などを水彩画と手書き文字で細かく紹介した大型絵本。とにかく楽しい! 東京も紹介されている。
読了日:08月29日 著者:マーク マーティン
空の色ににている (ぶーけコミックス)空の色ににている (ぶーけコミックス)感想
再読。冒頭の蒼生人と浅葱の出会いは『耳をすませば』を思わせるが、こちらのほうが10年早い。
絵が素晴らしいのはわかっていたけれど、久しぶりに読んで、風景の美しさに改めて圧倒された。
読了日:08月27日 著者:内田 善美
貸出禁止の本をすくえ!貸出禁止の本をすくえ!感想
読書会のために再読。なんとか間に合った!
しかし、家族に対するストレスは記憶していた以上だった……。
読了日:08月24日 著者:アラン グラッツ
破滅のループ (ハーパーBOOKS)破滅のループ (ハーパーBOOKS)感想
ウィル・トレントシリーズ、第11作。相変わらず、ウィルを含め、負傷者多数で、死者多数だが、これまでのものとは趣の異なる気持ち悪さがある。いろいろとせつなく、つらい話だった。
読了日:08月22日 著者:カリン スローター
きのう何食べた?(17) (モーニング KC)きのう何食べた?(17) (モーニング KC)感想
シロさんもケンジも大変だなあ。年相応の悲喜こもごもが他人事ではないので、ものすごく共感しながら読んだ。
読了日:08月20日 著者:よしなが ふみ
世界を変えた15のたべもの世界を変えた15のたべもの感想
世界じゅうで食べられている15の食べものを、「アメリカ大陸へ渡ったたべもの」と「アメリカ大陸からやってきたたべもの」に分けて、由来や、どうやって世界じゅうに広まっていったかなどを紹介している。そのたべものを使ったレシピも一部あり。環境問題にも触れている。「おいしいひとこと」として、そのたべものに関する著名人の発言などが引用されているが、フェデリコ・ガルシア・ロルカやガブリエル・ガルシア・マルケス、パブロ・ネルーダが出てくるあたり、スペイン語圏の本だなあと感じさせる。
読了日:08月16日 著者:テレサ・ベネイテス
ザリガニの鳴くところザリガニの鳴くところ感想
男性の遺体が発見され、捜査、そして裁判に進む1969年から物語と、母が出ていった1952年から始まる〈湿地の少女〉カイアの成長譚が並行して描かれる。家族に見捨てられ、幼くしてひとりで暮らしていくことを強いられたカイアが、どんなふうに生活費を手に入れるのだろう?と思っていたが……なるほど。
それにしても、69歳での小説デビュー作というのがなんともすごい。動物学者だけあって、カマキリの交尾や、怪我をした七面鳥が仲間に囲まれる場面など、臨場感たっぷり。
読了日:08月15日 著者:ディーリア・オーエンズ
おばあちゃんと ことりとおばあちゃんと ことりと感想
小さな島にひとりで暮らすおばあちゃん。おばあちゃんと一緒に夏を過ごそうと、ノイは島にやってくるけれど、おばあちゃんはかまってくれるわけでもなく……。おばあちゃん、たくましいなあ。
読了日:08月13日 著者:ベンジー・デイヴィス
抵抗都市 (集英社文芸単行本)抵抗都市 (集英社文芸単行本)感想
1916年。日露戦争でロシアが勝利し、同盟国の名の下に日本はロシアの支配下に置かれているという仮想世界の東京で、殺人事件が起きる。事件を担当することになる新堂は警視庁の特務巡査で、日露戦争のPTSDに悩まされている。相棒となる多和田は新堂より年長の所轄署の巡査。被害者の所持品を元に地道に聞き込みを続けているうちに、殺人事件の裏にある恐ろしい計画が少しずつ見えてくる。
多少ロシア化されたレトロな東京が魅力的。ペリメニを食べられる店がたくさんできたというのが、いかにもありそうで面白い。
読了日:08月13日 著者:佐々木譲
紅玉紅玉感想
1945年秋。収穫間近のりんご畑が荒らされた。近くの炭鉱で働かされている中国や朝鮮の人のしわざらしい……。作者の父が毎年りんごの季節になると語っていた話が元になっている。
読了日:08月08日 著者:後藤 竜二
桜の木の見える場所 (児童単行本)桜の木の見える場所 (児童単行本)感想
世界猫の日に再読。挿絵の猫(オッティモ・チュルカレ)がうちのかりんに似ている。でも、かりんは簡単に抱っこさせてくれないので、マファルダがうらやましい。
読了日:08月08日 著者:パオラ ペレッティ
ボクがつくった世界のおやつどうぞ!ボクがつくった世界のおやつどうぞ!感想
海外旅行に行けない、気軽に外食もできない今だからこそ、世界各地のおやつを自分で作ろう。その土地の地理や歴史、社会情勢も交えれば、夏休みの自由研究どころか、立派な地域研究になる。杏仁豆腐を棒寒天で作ったり、サモサを皮から作ったり、レシピはなかなか本格的。
読了日:08月07日 著者:平野 恵理子
ようこそ南アジア世界へ (シリーズ地域研究のすすめ)ようこそ南アジア世界へ (シリーズ地域研究のすすめ)感想
南アジアについて、歴史や政治、経済、商業、社会、教育、文化、ジェンダーなど、多方面から語る入門書。参考図書のほか、興味を持った人へのおすすめの本も挙げられている。殺傷を厳格に禁じられているがゆえに、農業に関われないジャイナ教徒が商業で活躍しているということに驚きつつ、納得。
読了日:08月06日 著者:
やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)感想
あさイチでヨシタケシンスケさんおすすめの絵本のひとつとして紹介されていた。最後の部分、子どものときはよくわからなくて、大人になったらわかったとおっしゃっていたなあ。
読了日:08月04日 著者:佐々木 マキ
へんなものみっけ! (5) (ビッグコミックス)へんなものみっけ! (5) (ビッグコミックス)感想
個人的にツボだったのは、南極・北極科学館。実はまだ行ったことがない。現在休館中なので、休館が明けたら行ってみようかなあ。
読了日:08月02日 著者:早良 朋
世界の料理世界の料理感想
再読。南アジアのなかではないがしろにされがちのパキスタンに、1ページ割かれているのがいい。
読了日:08月02日 著者:

読書メーター

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »