フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

グレタ・トゥーンベリ

Img_0212


 訳書が出ました。『グレタ・トゥーンベリ』(ヴィヴィアナ・マッツァ著/金の星社)。スウェーデンの環境活動家、グレタさんの本です。本棚を整理しているときに見本が届いたので、なんだか開店準備中の書店のような写真になってしまいました。左は原書です(原書はイタリア語)。

 グレタさん関連の本は日本でも数冊出ていて、先に刊行されたものはひと通り読みました。


『グレタたったひとりのストライキ』(マレーナ・エルンマン、ベアタ・エルンマン、グレタ・トゥーンベリ、スヴァンテ・トゥーンベリ著/羽根由、寺尾まち子共訳/海と月社/2019.10)
『グレタのねがい』(ヴァレンティナ・キャメリニ著/杉田七重訳/増田ユリヤ解説/西村書店/2020.01)
『わたしたちの家が火事です』(ジャネット・ウィンター文・絵/福本友美子訳/鈴木出版/2020.02)
『グレタとよくばりきょじん』(ゾーイ・タッカー文/ゾーイ・パーシコ絵/さくまゆみこ訳/フレーベル館/2020.02)
『グレタと立ち上がろう』(ヴァレンティナ・ジャンネッラ著/マヌエラ・マラッツィ絵/川野太郎訳/岩崎書店/2020.02)
『信念は社会を変えた!6人のインタビュー ①グレタ・トゥーンベリ』(ジェフ・ブラックウェル&ルース・ホブデイ編/橋本恵訳・あすなろ書房/2020.06予定)


『グレタたったひとりのストライキ』は(共著になっていますが)グレタさんのお母さんが書いた本で、一般書。ほかはすべて児童書で、『わたしたちの家が火事です』と『グレタとよくばりきょじん』は絵本です。
『グレタのねがい』と『グレタと立ち上がろう』の原著者はイタリア人。日本で紹介されるグレタさん関連の児童書3冊の原著者が3人ともイタリア人というのは、たまたまでしょうか?
拙訳『グレタ・トゥーンベリ』はGW明けから書店に並び始める予定です。

 出版社の作品紹介ページはこちら

新緑

Img_0210

 

 5月になりました。すっかり新緑です。
 地元の神社に月参りに行きました。
 手水舎に柄杓はなく、参拝の際に鳴らしていた鈴も紐がなくなっていました。
 今のこの状況が、なるべく早く終息しますように……。

 おみくじは中吉でした。

貫く

 今年も正月3日に川越に行ってきました。喜多院のだるま市に行くついでに成田山川越別院もお参りするのはずっと前からだけれど、数年前から喜多院のすぐ近くの仙波東照宮と日枝神社もお参りするようになり(考えてみると、近くなのに寄らない理由はないので)、去年から出世稲荷と川越熊野神社もお参りするようになりました。いっそ、川越八幡宮と川越氷川神社と蓮馨寺も寄ればよかった?


 本川越を出て、仙波東照宮と日枝神社を経て喜多院へ。参拝して、お守りを買って、おみくじを引いて、だるまを奉納して(本当は参拝前に奉納したほうがいいのだろうけれど)、新しいだるまを買いました。記憶を頼りに去年買ったのと同じサイズのを。

 喜多院を出て、成田山川越別院へ。参拝客は喜多院のほうが多いと思うのだけれど、列が細いせいか、本堂にたどり着くまでの所要時間は喜多院より長い……。参拝して、護摩を納めて、おみくじ(開運招福お守り入り)を引きました。お守りはかえる! 今年は一昨年以来の旅する年になるのでしょうか。境内で今川焼きを買いました。ずんだ汁粉の屋台がなくなってしまったのは残念(なので、うぐいすあんの今川焼きを食べました)。

 成田山川越別院を出て、薄ぼんやりとした記憶を頼りに川越熊野神社に向かっていると、出世稲荷の前に出ました。去年もこんな感じでたどり着いたのでした(5年前の3月にも行っています)。普段は本堂も社務所も閉まっているのですが、お正月は開いていて、「神様にお供えしたものですが、おひとつどうぞ」と言われ、飴をひとついただきました。ご利益あるといいなあ。

 そして、最後に川越熊野神社へ。ここも列が長かった……。でも、待ち時間が長くても、読みかけの本があるから大丈夫。

 お昼の時間はとうに過ぎていて、今川焼きと飴でやり過ごしていたけれど、帰りの電車に乗る前に何か食べたいと、通りすがりの台湾タピオカミルクティー+点心のお店のイートインスペースで、ルーロ飯を食べました。ずっと歩いていて気がつかなかったけれど、お店は西武新宿線・本川越駅のすぐそばでした。

 

Img_0206 

 喜多院のおみくじは吉でした。「雲中乗禄至(うんちうとは、御所などをいふ。それよりふくとくきたるべし)」=「天から、福徳・幸運が降って来るでしょう」!

Img_0207

 裏に現代語訳が載っています。

 

Img_0205

 成田山川越別院で引いたおみくじが、心に響きました。

 



自分をくことは容易ではない
独りよがりではなく
他人の評価ばかりでもなく自分を知ることがまず先
自分を貫くとは 自由と挑戦と少しの苦痛でできている

 

「貫」を今年の自分のテーマにします。

2019年を振り返って

 去年の秋〜今年の3月ごろまで仕事が忙しくて、何をしていたのかほとんど記憶にないのですが、手帳とiCloudのカレンダーを確認したら、それなりに楽しいことはやっていたようです。

 

1月
川越・喜多院のだるま市へ。
「タータン 伝統と革新のデザイン 展」(三鷹市美術ギャラリー)
父の三回忌。久しぶりに姪2人と話せて楽しかった。
ユジク阿佐ヶ谷に『チェコスワン』を観にいくつもりが果たせず。
「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」(太田記念美術館)
給湯器が壊れて、追い炊きができなくなる!
(iCloudのカレンダーには、全米選手権やヨーロッパ選手権の予定なども入れている)
『女王陛下のお気に入り』(2018年/アイルランド、アメリカ、イギリス)

 

2月
「小原古邨展」(太田記念美術館)※会期中に展示替えがあったので、3月に再訪
「チェコの現代糸あやつり人形とアート・トイ展」(八王子市夢美術館)
サイエンスカフェ「ビスケットを食べ尽す方法を考えよう」(多摩六都科学館)
はじめての読書会(課題本:『夜な夜な天使は舞い降りる』)
都立多摩図書館の定例映画会で旧チェコスロヴァキアで作られた短編アニメ映画を観る
(iCloudのカレンダーには、四大陸選手権やロシアカップ・ファイナルの予定なども入れていた)
『ナチス第三の男』(2017年/イギリス/ベルギー/フランス)。

 

3月
やまねこ翻訳クラブ読書会(課題本は2018年やまねこ賞読み物部門受賞作『嘘の木』)
ミュージカル「プリシラ」(日生劇場)
西東京読書会(課題本:『用心棒』)
世界フィギュアスケート選手権大会(さいたまスーパーアリーナ)
さとうゆうすけ 個展「黒」@ウレシカに行きたかったが、予定が合わず……。
『グリーンブック』(2018年/アメリカ)
『狼たちの午後』(1975年/アメリカ)
『家へ帰ろう』(2017年/アルゼンチン、スペイン)
『ROMA/ローマ』(2018年/アメリカ、メキシコ)

 

4月
アリスン・マギーさん講演会(日本出版クラブホール)
リリー・カップ(KOSE 新横浜スケートセンター)
『エマの瞳』(2017年/イタリア、スイス)
『名探偵コナン 紺青の拳』(2019年/日本)
『ナポリの隣人』(2017年/イタリア)
『マイ・ブックショップ』(2017年/イギリス、スペイン、ドイツ)
『JAWS/ジョーズ』(1975年/アメリカ)
『アルマジロの予言』(2018年/イタリア)
『憶えてる?』(2018年/イタリア、フランス)

 

5月
西東京読書会(課題本:『赤い衝動』)
文芸翻訳ブッククラブ読書会(課題本:『カッコーの歌』)
『ゴッズ・オウン・カントリー』(2017年 / イギリス)
『幸福なラザロ』(2018年 / イタリア、スイス、ドイツ、フランス)
『氷上の王、ジョン・カリー』(2018 / イギリス)

 

6月
運転免許証を更新
架空読書会
『ヤン・パラフ』(2018年/チェコ)
『希望の灯り』(2018年/ドイツ)
『メモリーズ・オブ・サマー』(2016年/ポーランド)
『海に浮かぶ小瓶』(2010年/イタリア、カナダ、フランス)
『修道士は沈黙する』(2016年/イタリア、フランス)
『シシリアン・ゴースト・ストーリー』(2017年/イタリア)
『イレブン・ミニッツ』(2015年/ポーランド)
『八甲田山』(1977年/日本)
『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』(2018年/イギリス)

 

7月
西東京読書会(課題本:『血の収穫』)
「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」(ちひろ美術館・東京)
「2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」(板橋区立美術館)
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIB で出会う絵本のいま」(うらわ美術館)※8月に再訪
やまねこ翻訳クラブのメールマガジン月刊児童文学翻訳2019年7月号に「お菓子の旅」執筆
『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(2016年/アメリカ)
『僕たちは希望という名の列車に乗った』(2018年/ドイツ)

 

8月
いたばし国際絵本翻訳大賞表彰式
サマートロフィー(埼玉アイスアリーナ)を観にいくつもりが、母が怪我したため断念。
ドクタン2019夏のイベント」(ブックハウスカフェ)
次女と二人で京都へ。
西東京読書会(課題本:『パールとスターシャ』)
(iCloudのカレンダーには、JGPSフランス大会、アメリカ大会の予定も入っている)
『ゆきゆきて、神軍』(1987年/日本)
『北の果ての小さな村で』(2017年/フランス)
『新聞記者』(2019年/日本)
『主戦場』(2018年/日本、アメリカ、韓国)
『存在のない子供たち』(2018年/フランス、レバノン)
『アマンダと僕』(2018年/フランス)

 

9月
洗濯機を買い替える
小手鞠るい×金原瑞人「物語は森の仕事部屋から生まれる」(B&B)
世界の料理をレトルトで食べる会
iPhoneを機種変更(電池が減らなくなった!)
東京フィギュアスケート選手権大会(ダイドードリンコアイスアリーナ)
ニュー・スパニッシュ・ブックスのイベント(スペイン大使館)
(iCloudのカレンダーには、JGPSラトビア大会、ロシア大会、ポーランド大会、クロアチア大会の予定も入れている)
『Tommy/トミー』(1975年/イギリス)
『ガーンジー島の読書会の秘密』(2019年/アメリカ)
『砂の器』(1974年/日本)
『サウナのあるところ』(2010年/フィンランド)

 

10月
関東フィギュアスケート選手権大会(小瀬スポーツ公園アイスアリーナ)
「レシピのなかのナチス」( 朝日カルチャーセンター・横浜教室)
全日本ノービス選手権(ダイドードリンコアイスアリーナ)
やまねこ翻訳クラブのメールマガジン月刊児童文学翻訳2019年10月号に「お菓子の旅」執筆
(iCloudのカレンダーには、JGPSイタリア大会、フィンランディア・トロフィー、GPSアメリカ大会、カナダ大会、東日本フィギュアスケート選手権大会の予定も入れている)
『時計じかけのオレンジ』(1971年/製作国イギリス)
『SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。 (2017デジタル・リマスター版)』(1992年/日本)
『聖なる泉の少女』(2017年/リトアニア、ジョージア)

 

11月
ウィンター・トロフィー(KOSE 新横浜スケートセンター)
ヨーロッパ文芸フェスティバル(イタリア文化会館、駐日欧州連合代表部)
しろとくろ きくちちき絵本展(吉祥寺美術館)
都民体育大会フィギュアスケート競技会(ダイドードリンコアイスアリーナ)
全日本ジュニア選手権大会(KOSE 新横浜スケートセンター)
ミュージカル「天使にラブ・ソングを ~シスター・アクト~」(シアター・オーブ)
やまねこ読書会(課題本:『ぼくたちは幽霊じゃない』)
(iCloudのカレンダーには、GPSフランス大会、中国大会、ロシア大会、NHK杯の予定も入れている)

 

12月
全日本選手権(代々木体育館)
(iCloudのカレンダーには、GPF &JGPFの予定も入れている)

 

11月以降、映画を観ていないのが心残りだけれど、まあまあそれなりに楽しい1年でした。来年はもっと仕事します。

 

生命の言葉ーー5月

Img_0056

 

 5月になったので神社へ行ってきました(4月にも行っていますが、ブログに書かないまま5月になってしまいました)。

 さて、今月の生命(いのち)の言葉です。

天壌無窮

 天照大御神による天壌無窮の神勅だそうです。詳細と口語訳は割愛します。

 毎月、月の初めに地元の神社を参拝しています。特に宗教的な意味はないつもりなのですが、はたから見るとどうなのだろう?とふと考えてしまいました。
 他人にどう思われるかにはあまり重きを置いていないので、この先も続けていくと思います。

 おみくじは小吉でした。

Img_0060

 

 小吉あたりのほうがいいこと書いてありますね。

ISU 世界フィギュアスケート選手権大会 2019

Img_0040

 

Img_0041

 

 さいたまスーパーアリーナで開催された、世界フィギュアスケート選手権大会を見にいきました。仕事が休みの3月21日(木・祝)と23日(土)のみ。最初の先行予約で21日のチケットが取れたので、23日のもそのうち取れるだろうなあと思っていたら、甘かった。

 21日はペアのFSと男子のSP、23日はアイスダンスのFDと男子のFS。ペアのスイハン組、アイスダンスのパパシゼ組を観られてよかったです。男子、わたしの推しは今大会に出場していませんが、SPは第1Gから各組ひとりは知っている選手がいて、FSは全員一度はどこかで観たことがある人ばかり。ここ数年、GPSなどをライスト観戦してきた成果です。しかし、海外の試合はライストで見られるのに、国内の試合は……。

 

Img_0042

 

Img_0043

 

 会場内にはデニス・テンくんの追悼コーナーがあり(案内文はなぜか英語のみ)、21日の男子SPの前に追悼ビデオが流れました。あのビデオ、どこかで見られるのかなあ?

 全体としてはいい経験だったけれど、世界選手権のライブ観戦はもういいかも……。

第23回西東京読書会

Img_0032 

 

 3月16日(土)、第23回西東京読書会に参加しました。毎回、おやつが豪華です(わたしも少し貢献)。

 6日前には第2回やまねこ読書会に参加し、その翌日には日生劇場でミュージカル『プリシラ』を観て、その翌日には午前十時の映画祭で『狼たちの午後』を観て、その合間に仕事に出かける……。もう、ぐちゃぐちゃです。

 課題本『用心棒』(デイヴィッド・ゴードン作/青木千鶴訳/早川書房)は翻訳ミステリー大賞候補作のひとつ。ほかの候補作のうち、『IQ』と『あなたを愛してから』と『そしてミランダを殺す』は第20回〜22回読書会の課題本だったため、簡単に決まったそうです。『カササギ殺人事件』じゃなかったのは、ほかの読書会が課題本にしたことがあるためか、上下巻2冊のためか……?

『用心棒』を読み終えたあと、やまねこ読書会をはさんで、『そしてミランダを殺す』と『拳銃使いの娘』を読んでいたせいもあって、自分のなかから感想を引き出すのに苦労しました……。特に『拳銃使いの娘』は今年(1月〜3月)読んだなかではナンバーワンで、未だ頭から抜けきれず、クマのぬいぐるみを見るたびに、あの子は元気でやっているだろうかとなどと思ってしまいます……。
 読んでいるとき、読書会に参加予定と思われる方がTwitterで「ロシア料理が食べたい!」とつぶやいていましたが、たしかに読んでいてロシア料理が食べたくなりました。

 年度末ということで、参加者有志から今年度のイチオシ本が紹介されました。わたしは『IQ』を紹介……って、前に読書会の課題本だったので、紹介するまでもないのですが(笑)。
 ほかの方たちが紹介したのは『ブルーバード、ブルーバード』『ビューティフル・デイ』『許されざる者』『オリジン』『あやかしの裏通り』『ダ・フォース』『蝶のいた庭』『花殺し月の殺人』。みなさん、たくさん読まれているなあと、ただただ感心するだけでした。

 読書会のあと、参加者全員で二次会へ。わたしは二次会の途中で中座して、近くで開催された「中野友加里と小塚崇彦のフィギュアスケート徹底解説」に行ったのでした……。濃い1日でした。

 

ミュージカル『プリシラ』

Img_0025 

 

 3月11日、日生劇場で上演中のミュージカル『プリシラ』を観にいきました。

 主演はミュージカルのプリンスと呼ばれるひとり、山崎育三郎さん。山崎さんの舞台が一度観たいと思い続けていたのですが、昨年NHKで放映された「昭和元禄落語心中」の山崎さんが素晴らしくて、その思いが一層強くなったところで、都民半額観劇会で山崎さん主演の『プリシラ』の募集があったので応募して、運よくいけることになりました。

 映画『プリシラ』をミュージカル化したもの。映画は1994年公開(日本では1995年)です。
 砂漠をバスで旅するドラァグクイーンの物語を、舞台でどう表現するのか気になっていましたが……なるほど!でした。

 陣内孝則さん演じる、初老のトランスジェンダー、バーナデットがとにかく、かわいい!(カーテンコールでかつらを外したら、銀髪だったのでびっくり!)

 カーテンコールで、みなさん客席に降りてきて、山崎さんがすぐそばを通ったので、ちょっと興奮しました。山崎さん、顔、かわいいです。
 ちなみに、カーテンコールは撮影OKでした。

 

第2回やまねこ読書会

 第2回やまねこ翻訳クラブの読書会に参加しました。年に一度、会員以外からも参加者を募っている読書会で、課題本は2018年やまねこ賞読み物部門受賞作の、『嘘の木』(フランシス・ハーディング作/児玉敦子訳/東京創元社)。訳者の児玉さんはやまねこ翻訳クラブ会員です。もちろん、読書会にも参加してくれました。

『嘘の木』を読んだのは1年前で、昨年3月に文芸翻訳ブッククラブの読書会に参加していたので、正直なところ、今さらという気持ちがないわけでもなく……。直前に読んだ、邦訳2作目の『カッコーの歌』の衝撃がまだ記憶に新しく、こっちについて語り合いたいなあと思わなくもなかったのですが、昨年の第1回やまねこ翻訳クラブの読書会に参加できなかったこともあり、手元に本があることだし、これを機に読み直して見ることにしました。

 読み直してみてよかったです。
 前に読んだときは、「エラスムスは吉田鋼太郎だな」と思っていたのに、今回はエラスムスのことはあまり頭に入ってこなくて、もっぱらアガサに感情移入していました。「アガサは吉田羊だな」と思いながら、読みました。「じゃあ、ランバントは大泉洋……?」と思ったら、トルコ風の格好をした大泉洋が頭から払拭できず……。
 翻訳ものの読書会をすると、よく、キャスティングの話が出るのですが、最近のハリウッド俳優の名前と顔がわからないため話についていけません(往年の俳優なら少しはわかるのですが)。なので、わたしは「三谷幸喜になった気で、舞台を日本に置き換えて、ドラマ化するなら」という設定で脳内キャスティングを試みます。今回、参加された非会員の方が「ミス・ハンターは『真田丸』の寧さま(=鈴木京香)、ミセス・ヴェレは戸田恵子で」とおっしゃったのがうれしかったです。『嘘の木』の時代設定をそのまま日本にスライドさせると江戸時代になりますが、時代のうねりに飲み込まれそうになる人々を描くという観点だと、むしろ明治維新のころがいいのではないでしょうか。

 とはいえ、『嘘の木』を再読したあと、『遠い親せき』と『願いごとの樹』と『用心棒』を読み、『そしてミランダを殺す』を読んでいるところで読書会に参加したので、頭のなかを『嘘の木』に戻すのに苦労しました。課題本をどのタイミングで読むかは、読書会のたびに悩みます。

 読書会の報告はこちらで読めます。

 

 

生命の言葉ーー3月

Img_0018


 1月も2月もあっという間に過ぎていき、気がついたら3月になっていました。

 さて、今月の生命(いのち)の言葉です。

年久しく 風月の移ろひ 見続けし 一本の巨樹に 思ひ巡らす

 秋篠宮文仁親王殿下が平成27年歌会始お題「本」で詠まれた歌だそうです。

 おみくじは吉でした。心を入れ替えて、がんばろう……。

より以前の記事一覧