フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

訳書

グレタ・トゥーンベリ

Img_0212


 訳書が出ました。『グレタ・トゥーンベリ』(ヴィヴィアナ・マッツァ著/金の星社)。スウェーデンの環境活動家、グレタさんの本です。本棚を整理しているときに見本が届いたので、なんだか開店準備中の書店のような写真になってしまいました。左は原書です(原書はイタリア語)。

 グレタさん関連の本は日本でも数冊出ていて、先に刊行されたものはひと通り読みました。


『グレタたったひとりのストライキ』(マレーナ・エルンマン、ベアタ・エルンマン、グレタ・トゥーンベリ、スヴァンテ・トゥーンベリ著/羽根由、寺尾まち子共訳/海と月社/2019.10)
『グレタのねがい』(ヴァレンティナ・キャメリニ著/杉田七重訳/増田ユリヤ解説/西村書店/2020.01)
『わたしたちの家が火事です』(ジャネット・ウィンター文・絵/福本友美子訳/鈴木出版/2020.02)
『グレタとよくばりきょじん』(ゾーイ・タッカー文/ゾーイ・パーシコ絵/さくまゆみこ訳/フレーベル館/2020.02)
『グレタと立ち上がろう』(ヴァレンティナ・ジャンネッラ著/マヌエラ・マラッツィ絵/川野太郎訳/岩崎書店/2020.02)
『信念は社会を変えた!6人のインタビュー ①グレタ・トゥーンベリ』(ジェフ・ブラックウェル&ルース・ホブデイ編/橋本恵訳・あすなろ書房/2020.06予定)


『グレタたったひとりのストライキ』は(共著になっていますが)グレタさんのお母さんが書いた本で、一般書。ほかはすべて児童書で、『わたしたちの家が火事です』と『グレタとよくばりきょじん』は絵本です。
『グレタのねがい』と『グレタと立ち上がろう』の原著者はイタリア人。日本で紹介されるグレタさん関連の児童書3冊の原著者が3人ともイタリア人というのは、たまたまでしょうか?
拙訳『グレタ・トゥーンベリ』はGW明けから書店に並び始める予定です。

 出版社の作品紹介ページはこちら

『世界食べものマップ』

世界食べものマップ』(ジュリア・マレルバ&フェーベ・シッラーニ絵と文/中島知子&赤塚きょう子訳/辻調グループ辻静雄料理教育研究所監修/河出書房新社)

 久しぶりに訳書が出ました。世界を食べもので旅する楽しい絵本。絵もかわいいです。
 わたしは北米・南米・ヨーロッパを担当しました。いろいろと調べながら、世界のあちこちに日本人がいて、しかもブログなどで発信している人が多いのには驚きました。ブラジルのキンジンなど、アマゾンや楽天で購入できるものがあるのにもびっくり。
 児童書ですが、大人も楽しめます。

『イクバルと仲間たち』第3刷出ました


イクバルと仲間たち 児童労働にたちむかった人々』(スーザン・クークリン著/長野徹・赤塚 きょう子訳/小峰書店)の第3刷が出ました。
 出るまで時間がかかった分、じわじわと売れ続けているのかもしれません。部数はけっして多くありませんが、少しずつでもいいから、長く読まれてほしいと思っていたので、素直にうれしいです。
 でも理想は、この本に書かれていることが過去の出来事となること。いつかそんな日が来ますように。

『くるみ割り人形』

くるみ割り人形 あなあきぶたいしかけえほん』( ジェラルディン・マコックラン文/クリスティーナ・スワーナー絵/あかつかきょうこ訳/大日本絵画)

 こちらも先月に出ました。世界同時発売だったため、翻訳作業を進めているときは絵と文章のみで、まだ本の形になっていませんでした。
 バレエのくるみ割り人形が元になっています。ホフマンの原作とのちがいは、主人公の名前がクララではなく、マリーだということ。生涯で2番目に買ってもらったレコードがチャイコフスキーの「くるみ割り人形」だったので、なかなか感慨深いです。翻訳作業を行いながら、ずっと「くるみ割り人形」を流していました。大昔に買ってもらったレコードではなく、それよりずっとあと(でも、20年くらい前。けっこう昔)に買ったCDですが。バレエの方は実はまだ見ていません。いつか見られるだろうか。

『宇宙空間』

宇宙空間 (レンチキュラーしかけえほん)』(キャロル・ストット文/あかつかきょうこ訳/大日本絵画)

 先月出ました。レンチキュラーというのは聞きなれない言葉かもしれませんが、立体的に見える、かつ角度によって違って見える、あれです。
 宇宙関係のしかけ絵本の翻訳は『太陽系探検 惑星とその果ての旅』『コズミック!』に続いてこれで3冊目になりますが、楽しい作業でした。いつか宇宙へ行きたいという子どものころの夢は果たせそうにありませんが、疑似体験できたからいいかな。

『イクバルと仲間たち』

イクバルと仲間たち 児童労働にたちむかった人々
(スーザン・クークリン著/長野徹・赤塚 きょう子訳/小峰書店)

 ようやく書店に並びました。
 父親の借金のかたに(たった12ドルで!)じゅうたん工場に売られ、奴隷のように働かされながらもプライドを捨てずに戦い続け、自由を勝ち取ったイクバル・マシーの評伝です。南アジアの児童労働に関する入門書としてもお勧めします。
 フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのウェブサイトで紹介していただきました。
 書店で見かけたら、ぜひ手に取ってください。そのままレジに持って行ってくだされば、なおうれしいです(笑)。

『ドラキュラ』


ドラキュラ』(ブラム・ストーカー原作/クレア・バンプトン文/アンソニー・ウィリアムズ絵/デビッド・ホーコック紙工作/大日本絵画)が出版されました。
 ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』をわかりやすくアメリカン・コミック風の漫画で描いて、さらにポップアップ絵本にしたものです。原作を読まれた方ならご存知だと思いますが、日記や手紙、新聞記事などで構成されていて、けっして読みやすくはないのですよね。よくまとめたなあと思います。書店で見かけたら、ぜひ手に取ってみてください……って、見本が置いてあればの話ですが。見本は書店によって置いてあったり、なかったりします。ipad で中が見られるようにしている書店もあるとか。
 原書の対象年齢は「Ages 9-12」となっていますが、日本ではどんな人が手に取っているのか、気になります。

『動物の鳴き声 よるのやみ』


動物の鳴き声 よるのやみ』(A.J.ウッド&バレリー・デイビス文/モーリス・プレジャー絵/大日本絵画)が出ました。夜の動物たちの生態を絵と音声で説明するしかけ絵本です。ページをめくるたびに、オオカミがほえたり、フクロウが鳴いたり、なかなか騒がしいですが、楽しい本です。書店で見かけたら、ぜひ手に取ってみてください。

『太陽系探検 科学しかけえほんシリーズ 惑星とその果ての旅』



久しぶりの訳書、『太陽系探検 科学しかけえほんシリーズ 惑星とその果ての旅』(イアン・グラハム文/大日本絵画)が出ました。しかけ絵本ですが、内容は小学校高学年以上対象。子どものころ、今はなき五島プラネタリウムに通った身としては、翻訳作業そのものがしあわせでした。
 なかなかいいお値段ですが、お手に取っていただければうれしいです。

 科学しかけえほんシリーズは、ほかに『海洋探検』(ジェン・グリーン文/すぎもと えみ訳)と『熱・温帯雨林探検』(ジョー・フルマン文/きくちゆみ訳)があります。こちらも合わせてよろしくお願いします。


『海洋探検 科学しかけえほんシリーズ 海岸の潮だまりから水深6000mの深海へ』
(ジェン・グリーン文/すぎもと えみ訳/大日本絵画)

『熱・温帯雨林探検 科学しかけえほんシリーズ 多雨林の4つの階層を生きるさまざまな動植物をのぞいてみよう』
(ジョー・フルマン文/きくち ゆみ訳/大日本絵画)