フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

イタリア児童文学掘り起こし

『スーパーでかぶた』

スーパーでかぶた』 ルイージ・マレルバ作/安藤美紀夫・福井あおい共訳
松籟社 1986.10 125ページ
"Storiette tascabili" di Luigi Malerba
Giulio Einaudi Editore, 1984

 ぶたの飼育をしているアグリッポーネさんは、ある日、6本足のぶたなら生ハムを6本作れると思いつく。自然界の生き物は4本足とは限らない。木を接ぎ木して交配できるなら、ぶたと千本足のやすでの交配だってできるかもしれない……と、ひたすら妄想する。表題作「スーパーでかぶた」はこんな話だが、そのほか、地獄に落ちた(と思われる)風変わりなおじさんを心配する男の子の話、お互いに嫌い合っていることはまわりの誰もが知っているのに、表向きは友だち関係を続ける奥さんたちの話など、シュールでナンセンスな短い話が合計29作収録されている。オチはないので、読み終えたあと、置いてきぼりにされたような気分になる話も多い。
 副題に「マレルバ童話集1」とある。ルイージ・マレルバは児童文学作家ではないが、子ども向けの作品をいくつか書いていて、これもそのひとつ。邦訳も児童書扱いだが、読んで楽しめるのはむしろ大人ではないだろうかという気がした。とはいえ、いろいろな子どもがいるので、こういう話が好き!という子もいるかもしれない。
 共訳となっているのは、当初手がけていた福井あおいさんが急逝されたため、安藤美紀夫さんがあとを引き継いだのだと訳者あとがきにあった。その安藤さんも1990年に亡くなり、安藤さんよりも3歳年上だったマレルバも2008年に亡くなっている。

松籟社ウェブサイト作品紹介ページ

原書出版社の作品紹介ページ
※"Storiette"(1978)と "Storiette tascabili" の合本が入手可能

『黒い手と金の心』

『黒い手と金の心』 グイド・ファビアーニ作/杉浦明平・安藤美紀夫共訳
岩波書店 1957.12 278ページ
"Mani nere e cuor d'oro" di Guido Fabiani
Antonio Vallardi Editore, 1905?

 カルロは故郷を離れ、亡きお父さんの弟子だったトーニオに連れられて煙突掃除夫として旅に出る。まだ子どもとはいえ、お母さんのためにお金を稼がなければならないのだ。お母さんは信頼しきっていたが、このトーニオ、実はひどい男で、カルロをこき使い、稼ぎはすべて取り上げ、おまけに道徳観念のかけらもない。カルロは早くもトーニオに嫌気がさしていたが、ほかに行くあてもなく、トーニオと離れたらお母さんに連絡が取れなくなってしまうため、ついていくしかなかった。
 旅の途中、オーストリア兵から鞭打ちの刑を受ける女性を目撃したのをきっかけに、カルロはオーストリアの占領下にあるイタリアがひどい仕打ちをうけていることを知り、独立をめざして革命を起こそうとする人たちと出会う。トーニオが怪我をしてしばらく動けなくなったため、カルロはひとりで先にミラノへ行き、活動家たちと交流を深めるうちに自らも活動に身を投じる。
 主人公カルロが50年前のできごとを振り返る形で書かれている。1848年、ミラノで起きた独立革命を舞台にしているが、この革命は一度は成功したものの、すぐにオーストリアが入ってきて、ふたたび占領されたという。結局は失敗に終わる革命を、作者がなぜ舞台として選んだのか理解に苦しむ。クライマックスの戦闘シーンは冗長に感じられた。カルロ以外にも子どもたちが何人も革命に参加していて、英雄視されているような子もいるが、現在世界のあちこちで見かける少年兵と重なってしまい、読んでいていい気持ちはしなかった。子どもたちを大人と同じように戦わせるのではなく、読み書きを教え、自分の頭で考えることをおぼえさせるなど、大人が子どもにやるべきことはほかにあるのではないだろうかと思わずにはいられない。
 カルロは、一度賭けごとにはまりそうになったものの、模範的ないい子で、カルロが世話になる警視総監の娘ソフィアに至っては人間離れした善人である。この物語に描かれる子どもたちは古き良き時代にの大人が描いた、大人に都合のいい子どもの域を出ない。深く読み込めば、ひょっとしたらこの物語の魅力がわかるのかもしれないし、作者がこの革命を選んだ意味もわかるのかもしれないが、残念ながら今の子どもたちに読ませたいとは思えなかった。
 この本を読むことで自分がイタリアの歴史をよく知らないことが改めてわかった。政治・経済も合わせて、今後のためにも一度きちんと勉強しておこうと思う。